スクロールが必要なサイト全体(画面に入りきらないもの)をスクリーンショットする方法をご存知ですか?1画面に納めようとすると文字が小さくなりますし、スクロールしながら複数回スクリーンショットして、あとから画像をつなげるのは面倒ですよね。

今回は、WindowsとmacOSで「サイト全体」をスクリーンショットする方法をご紹介します。

画面全体や一部をスクリーンショットする方法は、以下の記事を参考にしてください。

サイト全体をスクリーンショットする方法

Windowsの場合

Windowsの場合は、既にインストールされているブラウザ「Edge」を使うと便利です。

なぜなら、「Edge」にはサイト全体をスクリーンショットする、以下のショートカットが用意されているからです。

「Ctrl」+「Shift」+「S」キー

画面上部にメニューが表示されるので「ページ全体」をクリック。

ページ全体をスクリーンショットする方法

そうすると「Webキャプチャ」という画面が開きます。

「Webキャプチャ」画面

この段階では、まだクリップボードには保存されていません。保存するには画面右上の「ディスクアイコン」をクリックすれば、jpegに加工されたスクリーンショットをダウンロードすることができます。

「ディスクアイコン」をクリックして保存

ブラウザからファイルがダウンロードされて完了です。

ブラウザからファイルがダウンロードされる

macOSの場合

macOSの場合、サイト全体のスクリーンショットを撮るには「BrowseShot」がオススメです。

これは、指定したサイト全体を自動でキャプチャしてくれる、macOS用アプリです。macOSにはWebサイト全体のスクリーンショットのショートカットが用意されていないため、このようなアプリを使用します。

インストールはAppStoreから行います。以下にアクセスしてアプリをインストールしてください。

BrowseShotをインストール

アプリを立ち上げると、専用のブラウザが立ち上がりますので、スクリーンショットしたいURLを入力、再生(▶)を押します。

BrowseShotの専用ブラウザ

スクリーンショットしたいURLを入力して、再生(▶)を押す

そうするとキャプチャするページが表示されるので、スクリーンショット(カメラアイコン)ボタンを押します。

スクリーンショット(カメラアイコン)ボタンをクリック

これでサイト全体のキャプチャができました。
処理が終わると、画面上部に保存メニューが出てくるので、ファイル名と保存先を選んで「Save」をすればOKです。

ファイル名と保存先を選んで「Save」

以上、OS別にサイト全体のスクリーンショットの撮り方をご紹介しました。ブラウザの画面をスクリーンショットして、シェアしたり文書を作成する機会は意外に多いものです。今回紹介した方法は、簡単に出来るものばかりなので、是非活用してみてください。

古いOffice製品を使っていませんか?

買い切り型のMicrosoft Office製品を利用している方は、以下の点に注意が必要です。

  • ライセンス管理が必要
  • サポートが終了している(セキュリティが最新ではない )可能性がある
  • iOSやAndroid端末では使えない

これからパソコンやOfficeの買い替えを検討している方には、Microsoft 365がオススメです。Microsoft 365とは、クラウドでMicrosoft Office製品を利用することができるサブスクリプション型のサービスです。

今まで主流だった買い切り型の永続ライセンスとは違い、月額料金を支払うことで常に最新バージョンのOffice製品を使うことができるので、セキュリティも安心。また、サポート終了の心配もありません。

BIGLOBEでは、個人事業主や法人の方向けにMicrosoft 365を月額900円(税別)から提供しています。
※別途BIGLOBEオフィスサービス(有料)の契約が必要です。

利用するサービスによって月額料金は異なりますので、詳しくは以下のページからご確認ください。

Microsoft 365

BIGLOBEの法人向けMicrosoft 365