Twitter、Facebook、YouTubeをはじめとしたソーシャルメディアは、近年多くの企業でビジネスとして取り入れられています。ソーシャルメディアを活用したマーケティング手法が、今回紹介する「ソーシャルメディアマーケティング」です。

本記事では、ソーシャルメディアの利用目的や特徴・注意点などに加えて、ソーシャルメディアマーケティングで成功する企業の特徴や成功事例などをご紹介します。

企業によるソーシャルメディアの利用目的

まず、なぜ多くの企業がこぞってソーシャルメディアを利用しようとしているのかについて解説しましょう。利用目的としては、以下のようなものが挙げられます。

販売促進

企業が商品やサービスを売って利益を上げるためには、広告を出して宣伝活動を行うのが効果的です。そしてその媒体は、テレビCM、新聞の折り込みチラシ、ネット広告などさまざまです。ソーシャルメディアも媒体のひとつとして考え、ソーシャルメディアで商品やサービスをPRするというわけです。もちろん単に商品を紹介するだけでなく、自社商品と関連する写真や記事を投稿することで、間接的に商品に興味を持ってもらうという手法も使われています。

ブランディング

企業にとって「イメージ」はとても大切です。例えば製造業ならモノづくりへの姿勢、飲食業なら食材へのこだわりなど、企業がそれぞれ持つ特色や強みを多くの人に知ってもらえれば、ブランド力の向上が図れます。その他、面白い投稿で親近感を持ってもらったり、企業が取り組んでいる慈善事業について知ってもらったりするなど、いろいろな方法でブランディングが可能です。

キャンペーン

ソーシャルメディアは、面白い企画やインパクトの強い写真などがあると、投稿が拡散されてたちまち話題になるケースが多いのも特徴です。その現象を利用して、話題になりそうなキャンペーンを打ち出すことで盛り上げ、結果的に多くの人に関心を持ってもらうという使われ方もしています。

ソーシャルメディアマーケティングのポイントと成功する企業の特徴

次に、ソーシャルメディアの特徴や注意点などから、ソーシャルメディアマーケティングのポイントについて解説します。

ソーシャルメディア活用のポイント

もちろんユーザー数が多いからといって、投稿を見る人が多いとは限りません。ソーシャルメディアはユーザーとユーザーがつながる場ですから、そもそもつながっている人が少なければ見られる可能性も低くなります。そのため、使い始めたばかりではすぐに活用できないでしょう。地道にフォロワーや登録者といった「つながるユーザー」を増やしていく必要があります。

また、ソーシャルメディアによってユーザーの年齢層や特色が異なることにも注意しましょう。例えば、Twitterは拡散しやすい分、炎上もしやすいのが特徴。LINEは電話やメールの代わりに利用されているので、1対多ではなく1対1のやりとりに向いています。これらを企業の種類や目的に応じて上手に使い分ければ効果が期待できますが、逆にそれらを考えないで利用すると失敗する可能性が高くなります。

ソーシャルメディアマーケティングで成功するには?

上記のポイントを押さえたうえで、ソーシャルメディアマーケティングで成功するにはもうひとつ大事なことがあります。それは、ソーシャルメディアを売り込みの場として利用せず、ソーシャルメディアの特徴を活かした使い方をすることです。これは、ソーシャルメディアマーケティングで成功する企業の特徴でもあります。

ネットでは広告に嫌悪感を抱く方も多いと思いますが、それは多くのユーザーが感じていること。したがって、一方的な売り込みでは効果が期待できません。ソーシャルメディアは一般的な広告媒体と違い、双方向のやりとりが可能ですし、ユーザーは能動的に情報を探します。このソーシャルメディアの特徴を理解し、ユーザーと上手にコミュニケーションをとることが成功への道筋です。

アイデアと戦略が成功へのカギ

ソーシャルメディアマーケティングの成功の裏には、斬新なアイデアと緻密な戦略があるものです。成功事例をまねするのではなく、参考にしながら自社の特長を活かしたオンリーワンのアイデアを考えてみましょう。また、各ソーシャルメディアのユーザー層や特色、注意点などをしっかりと把握し、ベストな戦略を立てましょう。アイデアと戦略がしっかりと整っていれば、きっと成功するでしょう。

クラウド型CMSを導入するならPattern Style CMS