お店や事業を知ってもらうのに大事なのがホームページ。

ただ「作るにはパソコンが必要なんだよね?」「プログラム知識もないから無理」「どうやって公開するかわからない」と思っている方も多いと思います。

しかし、最近はスマホだけで作成、公開までできるサービスがたくさんあります。今回は初めてでも手軽に始められるものを3つご紹介します。

1. ジンドゥー(Jimdo)/スマホだけで本格的なサイトが作成可能

最初に紹介するのは「ジンドゥー(Jimdo)」。ドイツ生まれのホームページ作成サービスです。
プログラミング知識も不要で、誰でも自分好みのホームページを無料で作れます。

海外発のサービスですが、日本ではKDDIウェブコミュニケーションズが運営。ツールやヘルプ、サポートすべて日本語で利用できることもあり、国内でも利用者が多いサービスです。

ジンドゥー(Jimdo)のトップページ

ジンドゥーのトップページにアクセスして、アカウントを作成、あとはスマホから写真と文章を追加すれば、すぐにホームページを公開できます。

「AIビルダー」を使えばスマホだけですぐに公開可能

「ジンドゥー」の特徴は「AIビルダー」という機能です。

これは、登録時に案内される質問に答えるだけで、AI(人口知能)が業種や目的に合わせて、デザインを提案して最適なホームページを作ってくれるというもの。

ユーザーは、文章と画像をアップするだけでOKなので、スマホだけでも本格的なサイトが作成できます。

以下が実際の操作画面です。ホームページの役割や作りたいジャンルなどいくつか質問に答えていきます。

ジンドゥー操作画面①

▲ホームページ作成の目的などを質問されるので回答

ジンドゥー操作画面②

▲ホームページの内容選択画面

さらにいくつか質問に答えていくと、回答に合わせてデザインされたオリジナルのホームページが作成されます。

すでに持っているドメインを利用することも、新たにドメインを取得することも可能です。

あとは画像や文章を入れればOK。スマホだけでホームページを完成させることができます。

ビジネス向け機能(SEO&アクセス解析、SNS連携、独自ドメイン)が充実

ジンドゥーのもう一つの特徴として、ホームページを本格的に運営するための必須機能もしっかりとカバーしています。

訪問者の動向を把握するためのアクセス解析、シェアしてもらうためのSNS連携機能は標準で搭載。独自ドメインの設定も可能です。

Jimdoは無料で始められてオススメ!

ジンドゥーは無料版があるので、コストをかけずに始められます。
まずは無料で作ってみる。その後、広告を非表示にしたり独自ドメインにしたり、問い合わせフォームをつけたりなど、必要と感じたら有料プランに移るといいでしょう。

有料版の機能については以下に記載があります。

サービス名 ジンドゥー(Jimdo)
料金プラン(月額/税込) PLAY:無料
START:990円
GROW:1,590円
URL https://www.jimdo.com/jp/

2. グーペ/ビジネス向けホームページに特化した作成サービス

次に紹介するのが「グーペ」です。
こちらはGMOペパボが運営しているビジネス向けホームページに特化した作成サービスです。
グーペのトップページからアカウントを登録、お客様情報を入力すれば、すぐにHPを作成できます。

質問に答えていくだけで簡単に作成できる

グーペもジンドゥーと同様、質問に答えていくだけで簡単にホームページを作成できるようになっています。
最初にジャンルを選択すれば、自動的にデザインが決定。すぐにホームページが公開できます。デサインは、一度作ったあとでも自由に変えられます。

グーペでホームページを作成する手順①:お店の名前や住所を入力

▲まずお客様情報にお店の名前や住所を入力

グーペでホームページを作成する手順②:デザインをジャンルから選択

▲デザインは様々なジャンルから選択可能

グーペでホームページを作成する手順③:ジャンルにあったホームページが完成

▲ジャンルにあったデザインのホームページが完成!

ショップ向けのテンプレートが豊富

グーペはビジネス向けに特化している分、テンプレートもビジネスで使えるモノが豊富です。

たとえば初期レイアウトの選択で「ビジネス」を選ぶと、メニューに「インフォメーション」「写真」「サービス」「カレンダー」「会社情報」「お問い合わせ」が作成されます。

あとは「インフォメーション」に会社のPR情報を、「カレンダー」には営業時間を入力し、「サービス内容」などをまとめていけば、スマホだけでも凝ったサイトが作成可能です。

「手軽に、でもより凝ったデザインを使ってみたい!」とお考えの方にオススメです。

無料期間(15日)でのテスト運営がオススメ

「グーペ」には15日の無料体験期間(スタンダードプラン)が用意されています。
全機能を無料で使えるので、期間内でしっかり作ってみて、自分のビジネスやお店に合うか、試してみることをオススメします。

サービス名 グーぺ
料金プラン(月額/税込) エコノミープラン:1,100円
ライトプラン:1,650円
スタンダードプラン:3,850円
URL https://goope.jp/

3. Crayon(クレヨン)/スマホアプリでホームページ作成が可能

Crayon(クレヨン)は「画用紙に絵をかくように、誰でも簡単にホームページが作成できる」をテーマにしたサービスです。

スマホアプリですぐに編集が可能

クレヨンはスマホアプリが用意されています。ブラウザだけでなく、アプリでも使えるのが特徴です。

アプリは以下のURLからダウンロードできます。

最初に会員登録が必要ですが、次回からはアプリを起動するだけでOK。
ブラウザを開く手間がなく、スピーディーに作業に取りかかれます。

以下がアプリを起動した時の画面です。アプリ上のメニューでホームページを完成させられるようになっています。

クレヨンアプリを起動した画面

▲アプリを起動した画面

実際のサイトイメージを見ながら、レイアウト選択が可能

▲実際のサイトイメージを見ながら、レイアウト選択が可能

ページのパーツが豊富かつシンプル、初心者でもわかりやすい

クレヨンでは、ページ内におくパーツが「営業時間」「電話番号」「クーポン」「予約」などわかりやすく分かれています。

作業も、自分のサイトに必要だと思うモノをタップしていくだけでOK。初心者にもやさしい作りになっています。

「予約」や「商品」など、ビジネスや店舗のページに必要なパーツが揃っている

▲「予約」や「商品」など、ビジネスや店舗のページに必要なパーツが揃っている

3ページまでなら無料で使えてオススメ

クレヨンには無料プランが用意されています。3ページ、画像も10枚までなら無料なので、まずはお試しで利用可能です。低価格で使いたい方にオススメですね。

サービス名 Crayon(クレヨン)
料金プラン(月額) フリー:0円
ライト:900円
プロ:3,190円
URL https://crayon.e-shops.jp/

無料版で試してみて「使いやすい」と感じたサービスを選ぼう!

これまでホームページを作ろうとすると「専門知識が必要で難しそう」と思われがちでしたが、全然そんなことはありません。スマホだけでも簡単に作れます。

無料で運営するなら「ジンドゥー」、豊富なお店向け機能を使いたいなら「グーペ」、アプリで作るなら「クレヨン」がオススメです。

どれも特徴があるので、ぜひ比較しながら自分に合いそうなサービスを試してみてください。

※掲載情報は2021/8/3時点