「〇〇ホールディングス」という企業名を聞いたことはありませんか? 大企業が多くの関連会社をまとめている……そんな漠然としたイメージがあるのではないでしょうか。

「そもそもホールディングスとは何か」
「何をホールドしているのか」
「何のためにホールディングス化するのか」

企業の経営戦略ということはわかりますが、具体的にどのようなメリットがあるのか、イメージしにくいでしょう。最近では、中小企業のホールディングス化も広がっています。今回は企業が「ホールディングス化(持株会社化)」する目的やメリットをご紹介します。

ホールディングス化(持株会社化)とはなにか?

ホールディングス化とは、投資目的ではなく、企業の戦略や経営方針の立案や管理・指導を行うために親会社が子会社の株式を保有することです。株式を保有(ホールド)している会社は、「持株会社」または「ホールディングカンパニー」と呼ばれます。

持株会社は、「純粋持株会社」と「事業持株会社」の大きく2つに分類されます。

  • 純粋持株会社:自社では事業を行わずに、子会社の事業を管理する
  • 事業持株会社:自社でも事業を行いながら、子会社を管理する

純粋持株会社

たとえば、日本全国にコンビニエンスストアを展開している企業は、さまざまな事業の子会社を抱えています。コンビニ、スーパー、レストラン、百貨店、銀行など、会社が大きくなればビジネスの分野は多岐に渡ります。業種は違ってもすべて同じグループ会社で、親会社(持株会社)が各子会社を管理する構造です。

小売業と金融業など、業種や業態が違うビジネスを1つの会社でマネジメントするのはかなりハードルが高いです。そこで、持株会社を作り、各事業を別会社としてホールディングス化することでマネジメントの負担を分散させることができます。

事業持株会社

中小企業においては、事業継承のためのホールディングス化が考えられます。経営者の高齢化が進み、後継者に事業を継承するケースが増えているからです。

事業ごとに分社化し、ビジネススケールを小さくすることで、後継者の負担軽減を図ります。採算のとれない会社は売却・譲渡するなど、事業継承の時にビジネスの整理も可能です。

ちなみに、持株会社は「〇〇ホールディングス」「〇〇グループ」のような社名が多いですが、ホールディングス化したからといって必ず社名を変更するわけではありません。ホールディングス化は、会社の合併とは異なります。傘下企業が消滅することなく、持株会社のグループに入れます。会社自体は別々のままです。

ホールディングス化するメリット

では、何のためにホールディングス化するのか?答えは簡単で、さまざまなメリットがあるからです。ここでは、ホールディングス化したときの典型的なメリットを3つご紹介します。

M&A(合併と買収)をしやすい

ホールディングス化している方が、M&Aをしやすいというメリットがあります。買収によって「他会社の支配下になる」よりも「同じグループ会社になる」方が、経営陣の抵抗感を抑えることができるからです。

また、基本的に持株会社と傘下企業は別会社ですので、買収後もマネジメントしやすく、売却も会社単位で円滑に進めることができます。

ビジネスの責任が明確、意思決定が速い

ホールディングスという大組織でも、会社として小分けされているので、ビジネスの責任が明確です。会社単位で営業成績を把握でき、責任がわかりやすいという特長があります。組織が分かれているので意思決定のプロセスが短く、経営判断のスピードが速いこともメリットです。

経営者の人材育成ができる

グループ会社があれば、将来の経営者となる人材を育てることができます。1つの会社内で人材育成をする場合、特定事業の責任者として人材を配置することになります。しかし、経営者を育成するためは、会社のトップとしての責任を担った経験を積ませる必要があります。そこで、グループ会社の社長として有望な人材を登用することで、次世代の経営者を育成することが可能です。中小企業の社長が、代替わりのために跡取りを子会社の社長にするケースはよくあります。

ホールディングス化でビジネスを拡大する

組織が大きくなるとマネジメントが難しくなり、ビジネスの責任は複雑で不明確になります。このような課題を解決できるのがホールディングス化です。企業としてのフットワークを軽くする手段の一つとして、ホールディングス化があることを覚えておきましょう。