商店街は、以前から人口減などにより売上が伸び悩みやすい傾向にあり、そこにコロナ問題が拍車をかけ、厳しい状況にあります。このような背景から、経済産業省は「商店街を起点に、地域全体を活性化させること」を狙い、「Go To商店街」を展開しています。

今回は、Go To商店街の仕組みや条件、補助金額、期待できる効果や課題について解説します。

Go To商店街とは?商店街以外も対象

まずは、「Go To商店街」の概要について解説します。

Go To商店街の仕組み

「Go To商店街」とは、商店街がイベントなどを企画し、経済産業省から採択を受けることで、その実施にかかる費用を補助してもらえる制度です。商店街に限らず、商工会や商工会議所、温泉街、飲食店街、中小規模の民間事業者(観光地域づくり法人、まちづくり会社)なども対象となります。

具体的な企画では、「フリーマーケットの実施」や「商店街御朱印帳」、「ECサイトの立ち上げ」など、幅広いアイデアがすでに認められています。また、商店街・地域などエリアを限らず、オンラインで開催するイベントでも構いません。

Go To商店街の仕組み

(引用元:Go To 商店街事業の概要|経済産業省

Go To 商店街・補助金額や申請方法について

以下で詳しく解説します。応募締め切りは、予算がなくなり次第です。

▼対象者

  • 商店街組織
  • 商工会
  • 商工会議所
  • 温泉街
  • 飲食店街
  • 中小規模の民間事業者(観光地域づくり法人、まちづくり会社)

▼対象事業

  • 新型コロナウイルス感染症の感染対策
  • 消費者や生産者が、地域や商店街の魅力に改めて気づく、きっかけとなるイベントなど
  • オンラインイベント、新商材開発、プロモーション制作も可

▼実施エリア

  •  申請者が所在する地域や、そこに隣接するエリア
  •  オンラインイベント・商材開発・プロモーションは、エリア制限なし

▼補助金額

  • 基本額:300万円×団体数
  • 2団体以上で連携してイベントを実施する場合:+500万円
  • 補助上限額:1,400万円/1申請あたり

▼対象経費

  • イベントなどの実施に必要な経費(Webサイト制作費用、アルバイト雇用費用、テントなどのレンタル費用、商品開発のコンサルティング費用など )
  • 商品券・金券の発行、備品の購入費用、施設整備費用などは対象外

Go To商店街の対象経費イメージ

(引用元:Go To 商店街事業の概要|経済産業省

コロナ対策に力を入れ、売り上げアップや地域の活性化のために積極的に施策を行いたい商店街には、メリットの大きな事業といえるでしょう。

Go To商店街で期待される効果とは?

経済産業省は、Go To 商店街がコロナ問題の対策にとどまらず、商店街・地域の根本的な活性化を促すことを期待し、この施策を行っています。Go To商店街の実施で、以下のような効果が期待できるでしょう。

1.イベント開催による集客・売上アップ

イベント開催によって、オフライン・オンラインに関係なく、集客につなげることができます。オンラインでも、ECサイト(通販)を活用すれば、参加者に購買を促すことができるでしょう。

2.季節行事以外の閑散期をカバー

商店街では、季節行事以外の時期に客数が落ち込みやすいといった問題点もあるようです。その落差を緩和し、年間を通して客数を安定させることが期待できます。

3.地域に眠っていた生産物、スポットなど魅力の再発見

意外と、地元の方が地域の魅力に気づけていないケースもあります。地元の生産物・スポットなど、住民の方にとっては「当たり前のこと」でも、その土地以外の消費者からすると、そこを魅力に感じるかもしれません。

Go To商店街をきっかけに魅力を再発見し、 地域の魅力をオンラインで発信し、全国の消費者へ知ってもらう良い機会となるでしょう。

4.商店街が地域コミュニティの核に

商店街をはじめとするGo To 商店街対象団体が活性化することで、人々が集まる場となることができ、「店舗と地元学生のコラボ商品開発」や「子どもの見守りを兼ねた住民サロン」など、アイデア次第で地域の絆を活かすことができるでしょう。

Go To商店街が抱える課題

最後に、Go To商店街の実施で生じる課題について解説します。

イベント・企画のアイデア不足

Go To商店街の魅力を感じた一方で、「応募したいが、どういった対策を打てばよいのかわからない」と悩まれている方もいるでしょう。

2021年12月時点で、532事業が採用されています。その一部をご紹介します。

団体 事業名
秋田県 秋田市 仲小路振興会 なかこうじ街中ハロウィンフェスタ
東京都 世田谷区 烏山駅前通り商店街振興組合 えるもーるイルミネーション
大阪府 大阪市西区 九条駅前商店街振興組合 こどもまつり2020 ~GO TO こどもまつり!GO TO 商店街!~
広島県 福山市 福山宮通り商店会・福山駅前開発株式会社 フクヤマニメ
福岡県 北九州市小倉北区 株式会社タウンマネジメント魚町 得するまちのゼミナール(うおゼミ)&Googleマイビジネス促進事業
大分県 別府市 流川通り会 流川通り会 Web商店街開設

また、経済産業省が発表している事例集も参考にしてみましょう。「地域の魅力」や「新しい生活様式」、「地域の絆」といった切り口で、約40のアイデアが掲載されています。

協力者集めにハードルを感じる

「商店街の中で協力者を得ることが難しい」「商店街だけではできることが限られる」といったことを懸念されるかもしれません。実際に、オンラインでの発信・集客や、ECサイトの立ち上げ、プロモーションなど、施策によっては商店街ではカバーしきれないノウハウ・スキルも必要となってきます。

ですが、できないことを数えてしまうと、新しいことはなかなか実行できません。まずは自分たちができることから着手し、アイデア・企画を出し合いながら、徐々に協力者を得ていくという方法がおすすめです。

Go To商店街は、1団体あたり300万円の補助金が出るだけでなく、2団体以上が共同で申請することで、追加で500万円の補助を受けられます。つまり、地域の商工会やまちづくり会社など、他の団体の協力を仰ぎやすい仕組みとなっています。

制度の特徴を活かしつつ、協力者を増やし、地域が一体となって取り組むことで、集客や売上につなげることができるでしょう。

Go To商店街で地域を盛り上げよう!

Go To商店街は、単に補助金を提供するだけでなく、人口減により経済が縮小するという根本的な地域課題を解決すること目指した事業です。経済産業省は、アイデアの受け入れには積極的であるため、商店街や地域で意見を出して、企画を進めてみてはいかがでしょうか。

Go To商店街を活用して、商店街の集客・売上アップを目指しましょう!

※掲載情報は2020/12/12時点。2020/12/24に応募受付は終了しました。