最近よく耳にするようになったワーケーション。コロナ禍におけるテレワーク推奨もあいまって、人々の働き方は大きく変化しました。実際に、筆者の周りでもワーケーション目的で地方へ赴く友人も増えています。この流れに先駆け、BIGLOBEは別府市と提携して、新しい観光の形の創出への挑戦を開始しました。

本シリーズは、新たなワーケーションの聖地となるであろう「別府市でのワーケーションのすすめ」。ただ宿泊先に閉じこもって働くのではなく、地域のお店や人との関わり合いを楽しみながら働くのもワーケーションの楽しみ方の1つです。何より、別府といえば温泉。仕事に疲れたら、さっと温泉に浸かってみるのもまた一興。コワーキングならぬ「湯ワーキング」なる言葉もある街でのワーケーションとは?

別府八湯って?

別府といえば、街のそこかしこで湧き出る温泉のイメージがありますが、歴史や風情の異なる8つのエリアに区分されていることをご存知でしょうか?「浜脇・別府・明礬・鉄輪・亀川・柴石・堀田・観海寺」の8つに分かれており、それらを総称して「別府八湯」と呼んでいます。泉源や泉質が異なるため、それぞれの地域で違った楽しみ方ができます。今回は、その中でも別府市街地となる「浜脇」と「別府」をご紹介します。

歴史ある建物が未だ残る旧中心市街地「浜脇温泉」

別府の歴史を語る上で欠かせないのが浜脇エリア。今は、住宅が並ぶエリアとなっていますが、遥か昔は中心市街地として栄えた町です。今も残る木造建築は、建築好きを唸らせること間違いなし。ホテルのあるエリアからは少々離れますが、車やバイクがあれば別府駅からものの5分で浜脇に到着します。

湯都ピア浜脇(ゆーとぴあはまわき)

湯都ピア浜脇

別府市営温泉の中でも、最もモダンな雰囲気があるこちらの温泉。真ん中にはジャグジー風呂があり、その脇には異なる楽しみ方ができる温泉が複数種類あります。そして、サウナと水風呂も併設されているので、温泉とサウナを組み合わせた、別府ならではの体験ができる最高の施設となっています。

気分に合わせた楽しみ方を推奨する入浴プログラム

温泉内には、気分に合わせた楽しみ方を推奨する入浴プログラムも掲示されています。ただ温泉に入るだけではなく、それぞれの温泉の使い分けを考えるのも温泉天国別府ならでは。何度か通いながら、自分にあったコースを探すのも楽しいかもしれません。

◉施設情報
住所:〒874-0947 大分県別府市浜脇1丁目8番20号
TEL:0977-25-8118
営業時間:10:00~22:00(最終受付 21:00)
休館日:火曜日(祝日の場合は翌日)
入浴料:大人700円、小人350円
駐車場:あり

永石温泉(なげしおんせん)

永石温泉

こちらは風情溢れる建物が自慢の永石温泉。その昔、一夜温泉という名前だったとか。その名前は、湧き出たお湯を目にした地元の職人たちが集まって、一夜にして木造の建物を建ててしまったことに由来します。そんな不思議なお話が残る永石温泉は、地元の人もたくさん集まる温泉です。「別府の温泉は、みんなのお風呂。」筆者も別府に移住してきた時に、一緒に入っていたおじいさんに教えてもらった大事な教えです。

永石温泉

▲四方を囲む大きな窓から差し込む光のおかげで、ライトがなくてもこんなに明るい。

自然の優しい光に包まれながら、湯に浸かり、その日の作業を振り返ったり、これから先の未来の自分に想いを馳せる時間を過ごしてみてはいかがでしょうか?

◉施設情報
住所:〒874-0941 大分県別府市南町2番2号
TEL:0977-26-5789
営業時間:06:30~22:30(毎日14:00〜15:00は清掃のため入浴不可)
休館日:第2火曜日(祝日のときは変更の場合あり)
入浴料:大人200円、小人100円
駐車場:なし

旅館や飲食店が立ち並ぶ中心市街地「別府温泉」

宿泊先以外の場所でも作業をしたい場合は、ぜひとも別府温泉エリアへ。別府駅前に広がる繁華街には、作業場としても活用できるお店がちらほらあります。地元の人も訪れるカフェと、ワーケーションを推奨している旅館をご紹介します。

SHARING A TABLE COTTONWOOD

SHARING A TABLE COTTONWOODで仕事をする様子

別府駅から徒歩3分で見えてくる大きな窓が特徴的なおしゃれなお店。Wi-Fiと電源も完備しており、PCを使っての作業も推奨しています。ワンドリンクオーダー制で、コーヒーや紅茶などのドリンク類はもちろん、彩り鮮やかで美味しいスイーツもおすすめ。

SHARING A TABLE COTTONWOODで仕事をする様子

開放的な店内は、清潔感のある雰囲気で、スタッフの皆さんの穏やかな雰囲気がそのままお店に反映されています。別府に住んでいるお客さんの姿も多く、店内にはPCで作業する人や、読書を楽しむ人の姿も。夜もカフェ営業をしているので、仕事終わりの1杯も楽しむことができます。

◉施設情報
住所:〒874-0920 大分県別府市北浜1丁目2−12 ブルーバード会館 1F
TEL:090-8393-7050
営業時間:13:00〜17:00 / 19:00〜24:00
13:00〜17:00 / 19:00〜要予約(日曜のみ)
定休日:月曜日
設 備:Wi-Fiあり、電源あり、個室なし
駐車場:なし

the HELL

the HELLで仕事をする様子

駅前の繁華街の中心に位置するthe HELLは、平日は夜のみのバー営業ですが、週末のみカフェ営業もしています。もちろんWi-Fiと電源は利用可能。カフェ営業時には、ハンドドリップコーヒーや手作りのケーキも楽しめます。

the HELLで仕事をする様子

店内には店主厳選のレコードや雑誌が並び、気分転換に読書をするのもこの場所の楽しみ方の1つ。地元の学生も多く利用するお店なので、新しい情報をキャッチするにもおすすめです。

◉施設情報
住所:〒874-0920 大分県別府市北浜1丁目1−18 マキビル1F
TEL:090-2854-2840
営業時間:20:00〜24:00(平日)
13:00〜18:00 / 20:00〜24:00(土日)
定休日:木曜日
設 備:Wi-Fiあり、電源あり、個室なし
駐車場:なし

野上本館

野上本館

老舗旅館が多い別府でも、徐々にワーケーション対応をする旅館が増えています。その中でも、先駆けとしてワーケーション受け入れに注力しているのが野上本館。5泊以上の滞在を目的とした方向けにロングステイプランを提供しています。

野上本館で仕事をする様子

個人での利用に合わせて、1人用の部屋も完備。シングルベッドに作業用デスクというシンプルな作りがちょうど良いです。こちらのタイプの部屋が複数準備されているので、合宿などの団体利用としてもオススメです。

共用スペースで仕事をする様子

部屋の前にある広々とした共用スペースにはソファなどもあり、ゆったり寛げるスペースになっています。館内には無料のコインランドリーもあるので、少ない荷物で訪れることができるのも嬉しいですね。タオルなどのアメニティは無料で貸し出しされるので、作業に疲れたら、タオル片手に広々とした大浴場に行きましょう!

◉施設情報
住所:〒874-0920 大分県別府市北浜1丁目12−1
TEL:0977-22-1334
設 備:Wi-Fiあり、電源あり、ランドリー(無料)
駐車場:あり(500円)

くつろぎの温泉宿 山田別荘

くつろぎの温泉宿 山田別荘

築90年の老舗旅館もワーケーションに積極的なのが別府。広々とした畳部屋でのんびり作業したい人には、山田別荘がオススメです。趣のある空間で、リラックスして作業が行えるので、クリエイティブな作業も捗るはず。

山田別荘で仕事をする様子

事前に連絡すれば、作業用デスクとライトをお部屋に準備してくれます。お茶やお水、お湯などは、必要になったら受付へ。洗濯が必要な場合は、近くのコインランドリーを利用できます。

image14.jpg

旅館でのワーケーションの醍醐味は、なんと言っても作業合間の温泉。ここに来たら、ぜひとも貸切の外湯に。宿泊者は1時間無料で利用できるので、都会の喧騒から離れて一人の時間を過ごすには最適な場所です。

◉施設情報
住所:〒874-0920 大分県別府市北浜3丁目2−18
TEL:0977-24-2121
設 備:Wi-Fiあり、電源あり、ランドリーなし(徒歩3分にコインランドリーあり)
駐車場:あり(宿泊者は無料)

浜脇&別府エリアでオンとオフの境界線を楽しむ

別府八湯の中でも、静けさと賑やかさが共存しているのが浜脇と別府です。作業をするときはゆっくりと、賑やかさが欲しいときは街に繰り出す。仕事もしたいけど、街中に出て現地の空気感を感じたいという方にオススメのエリアです。別府の温泉に、熱湯とぬる湯があるように、仕事とプライベートをバランスよく楽しんでみてはいかがでしょうか?

筆者プロフィール
深川謙蔵
1990年佐賀県生まれ。立命館アジア太平洋大学卒。卒業後は株式会社オプトに入社し、新卒採用担当として勤務。2019年3月から別府に移住。コロナ禍では、別府の風景を販売するチャリティの企画や、複数の飲食店と協力して朝ごはんを提供するイベントを運営。2021年5月より、「地域の人が、地域の人に学ぶ『湯の町サロン』」を主宰。