最近よく耳にするようになったワーケーション。コロナ禍におけるテレワーク推奨もあいまって、人々の働き方は大きく変化しました。実際に、筆者の周りでもワーケーション目的で地方へ赴く友人も増えている。この流れに先駆け、BIGLOBEは別府市と提携して、新しい観光体験の創出に挑戦を開始しています。

本シリーズは、新たなワーケーションの聖地となるであろう「別府市でのワーケーションのすすめ」のようなもの。ただ宿泊先に閉じこもって働くのではなく、地域のお店や人との関わり合いを楽しみながら働くのもワーケーションの楽しみ方の1つ。何より、別府といえば温泉。仕事に疲れたら、さっと温泉に浸かってみるのもまた一興。コワーキングならぬ「湯ワーキング」なる言葉もある街でのワーケーションとは?

別府八湯って?

別府といえば、街のそこかしこで湧き出る温泉のイメージがあるが、歴史や風情の異なる8つのエリアに区分されていることはご存知だろうか?「浜脇・別府・明礬・鉄輪・亀川・柴石・堀田・観海寺」の8つに分かれており、それらを総称して「別府八湯」と呼んでいる。泉源や泉質が異なるため、それぞれの地域で違った楽しみ方ができるのもまた良い。今回は、その中でも標高の高さから綺麗な別府の景色や湯けむりが一望できる「柴石」と「亀川」をご紹介。

さて、シリーズでお送りしている別府八湯でのワーケーション。今回は、綺麗な別府の景色や湯けむりが一望できる「柴石」と「亀川」エリアをご紹介します。

過去の記事はこちらからご確認いただけます。

別府八湯でワーケーションしてみた:明礬&鉄輪エリア編

別府八湯でワーケーションしてみた:浜脇&別府エリア編

別府八湯でワーケーションしてみた:堀田&観海寺エリア編

まっぷる 大分・別府 由布院’21

森と川に囲まれた自然豊かな「柴石温泉」

別府八湯の中でも、異質な雰囲気が魅力的な柴石温泉エリア。周囲には地獄めぐりの1つ竜巻地獄があったり、某アニメとの関連が話題の八幡竈門神社があったりなど、観光スポットには恵まれている。今回は、その柴石温泉エリアを代表する「柴石温泉」をご紹介。

 

柴石温泉

鉄輪温泉方面から降っていくトンネルを抜けてすぐの小道を上がっていくと、生い茂る木々と川に囲まれた綺麗な温浴施設が見えてくる。駐車スペースも広いので、休日に車で訪れても駐車に困ることがないのも嬉しい。

あつ湯とぬる湯に分かれていて、その日の気分で入り分けるのも楽しい。ぬる湯から入って、上がる直前にあつ湯でしっかり体の芯から温めるのがオススメ。洗い場の数も多いので、しっかり体を洗って温泉に入ろう。

柴石温泉には露天風呂もあるので、これからの季節はひんやりとした外気に触れながら温泉を楽しめるのも嬉しい。別府の温泉というと温度が高めなことが多いが、ここのお湯はぬるめなので熱いお湯が苦手な方にもオススメ。地元のお客さんも多く通っているため、一緒にお風呂に入りながら地元の情報を仕入れる機会にもなる。

そしてなんと!露天風呂の真横には蒸し湯がある。市営温泉の中でも施設内に内湯・外湯・蒸し湯が揃っている施設は珍しい。柴石温泉に行くときには、いつもよりも長い時間楽しめるよう準備することをオススメします。

三種類の温泉を堪能したら、清潔感のある休憩スペースでちょっと一休み。畳に横になりながら、ゆったりとした時間を楽しもう。休憩室にはテーブルもあるので、ちょっとした作業もできる。

◉施設情報
住所:〒874-0016 大分県別府市野田4
TEL:0977-67-4100
設 備:Wi-Fiあり、電源あり
駐車場:あり(無料)

ワーケーションの教科書 創造性と生産性を最大化する「新しい働き方」

ディープな温泉が立ち並ぶ亀川温泉

柴石温泉から車で5分程度で到着する亀川温泉エリア。歴史的に見ると、海軍の船着場として栄え、その頃から温泉宿を営む旅館も今も残っている。今回紹介するのは、亀川商店街の中にある亀川筋湯と、別府大学近くにある前田温泉の2つ。

亀川筋湯

亀川商店街の中間地点くらいに位置する亀川筋湯は、古くから地元の人たちによって管理され、愛され続ける温泉。各温泉にお地蔵様が祀られているが、ここまで綺麗に祀られているのは気持ちが良くなる。入浴前にはこちらの御賽銭箱に100円を入れて入浴開始。

脱衣所には簡易的な荷物置きがあるので、そこに荷物を置いて、洗面器で汗を流して湯船に入る。シャワーなどは無いので、最初は戸惑うかもしれないが、これが別府スタイル。旅行気分ではなく、地元の人になった気持ちで楽しもう。

温泉は浴槽一つに、洗い場は無い。観光用の温浴施設とは違うため、温度は熱く、水で温度を調整するのも難しい。さらっとしたお湯が特徴的で、お風呂の底にはヒノキの板が敷かれている。

◉施設情報
住所:〒874-0021 大分県別府市亀川中央町4-16
TEL: なし
設 備:なし
駐車場:なし

前田温泉

別府大学に上がっていく坂道の脇にある前田温泉。この温泉は、別府大学温泉愛好会の皆さんで掃除をしたりなどして運営されているそう。電子決済にも対応しており、PayPayやLINE PAYにも対応しているので、小銭を忘れた時でも安心して入浴できる。

入浴前のかけ湯はこちらの綺麗なお湯を使おう。源泉の場合は温度も熱くなっているので、蛇口を捻って水で温度を調整するとちょうど良い。温泉に入る前に、かけ湯をする理由は、汗を流すだけでなく、いきなり熱いお湯に入ると身体がビックリしてしまうので、「これから温泉に入るよ」という合図を送るため。

脱衣所から階段を降りていくスタイルの前田温泉。楕円形の湯船が可愛く、最大でも4名程度しか入浴できないので、他のお客さんと譲り合いながら入浴しよう。洗い場は広いので、このタイルの上に腰掛けて、湯船からお湯を汲み取って身体を洗う。

◉施設情報
住所:〒874-0032 大分県別府市上人本町1-21
TEL:なし
設 備:なし
駐車場:なし

別府市全域で温泉ワーケーションを楽しむ

今回紹介した柴石温泉と亀川温泉のエリアには、現状PCで作業ができるスポットがほとんどない状況。亀川商店街の有志の方々が、作業や勉強ができる場所を作ろうと前向きに動いてくださっているので、来年再来年には新しいワーキングスペースができるかも?とはいえ、別府の楽しみ方は一つのエリアに収まらず、エリア毎の特性を楽しみながら温泉ワーケーションをすることもオススメ。柴石&亀川エリアであれば、すぐに鉄輪温泉エリアにアクセスできるので、作業をする場合は鉄輪温泉へ行ってみよう!
※鉄輪温泉には、コワーキングスペースa sideもあります。

どこでもオフィスの時代 人生の質が劇的に上がるワーケーション超入門 (日本経済新聞出版)