事業を営む人であれば、必ず耳にしたことのある「損益分岐点」。黒字経営を実現するための重要な指標ですが、詳細についてはよく知らないという方も多いのではないでしょうか? そこでこの記事では、損益分岐点の基本的な概念から計算方法や活用法まで、分かりやすく紹介します!

そもそも損益分岐点って何?

そもそも「損益分岐点」とは、「損失」と「利益」が「分岐」するポイント、つまり損失が出るか利益が出るかの分かれ目のことを表します。次の計算式のように、一定期間の売上の合計額である「売上高」が、それにかかった費用の合計額とちょうど等しくなり、損益がプラスマイナスゼロになる金額です。

売上高 − 費用 = 0円(利益)

このように、利益がちょうど0円となる「売上高」もしくは「販売数量」を損益分岐点といいます。それぞれ「損益分岐点売上高」、「損益分岐点販売数量」と呼ばれることもあります。

損益分岐点は「利益を出すために役立つ指標」

売上高や販売数量が損益分岐点を超えれば、利益が出て黒字となりますが、損益分岐点に満たなければ損失が出て赤字となってしまいます。

要は、かかった費用に対して、売上高もしくは販売数がいくらあれば利益が出るのか、または売上高や販売数がいくらあれば費用をペイできるのかを示す指標が、損益分岐点です。そのため損益分岐点は、事業運営で欠かすことのできない指標の一つと言えます。

損益分岐点の算出に必要な費用とは?

それでは損益分岐点はどのように算出するのでしょうか?
損益分岐点を計算するにあたって、まず必要なのが「固変分解」と呼ばれる費用の分類作業です。事業に必要な費用を性質に応じて、以下の2種類に区別します。

①固定費
②変動費

①固定費とは?

「固定費」とは、売上高や販売数量の増減に関係なく発生する費用のことです。例えば次のような費用がこれに該当します。

  • 家賃
  • 水道光熱費
  • 人件費
  • 広告宣伝費
  • 減価償却費

これらの費用は、たとえ売上が0円でも固定的にコストがかかってしまいます。そのため固定費は、小さければ小さいほど利益を出しやすくなるといえます。

②変動費とは?

一方の「変動費」は、売上高や販売数量に応じて増減する費用のことです。具体的には以下のような費用が挙げられます。

  • 材料費
  • 仕入原価
  • 販売手数料
  • 外注費
  • 歩合給

仕入や外注には、売上と関係なくコストがかかるのでは?と思うかもしれません。しかし会計処理上、これらの費用は商品やサービスが売れた分だけ計上される仕組みとなっているため、売上が0円であれば費用も経理上0円となります。このように、売上に比例して増減するのが変動費です。

ただし、実際に固変分解を行うにあたっては、固定費か変動費か判断の難しい費用も存在します。厳密なルールがあるわけではないため、各自の判断に委ねられますが、費用の分解基準については、中小企業庁のWebサイトで確認することが可能です。業種ごとにサンプルが記載されているので、分解を行う際は参照してみるといいでしょう。

損益分岐点の計算方法

固定費・変動費の性質の違いを踏まえた上で、損益分岐点を計算式にすると、次のようになります。

損益分岐点 = 固定費 ÷ {1 −(変動費 ÷ 売上高)}

ただ、この計算式だと非常に難解な印象を受けるのではないでしょうか? そこで役に立つ指標が「限界利益」と「限界利益率」です。

限界利益と限界利益率とは?

売上高から変動費のみを差し引いた金額を「限界利益」といい、限界利益の売上高に対する割合を「限界利益率」といいます。事業の収益性を測る数値で、数字が大きいほど利益が出やすいといえます。

それぞれの計算式は次のとおりです。

限界利益 = 売上高 − 変動費
限界利益率(%) = 限界利益 ÷ 売上高 × 100

限界利益率を使った損益分岐点の計算式

この限界利益率を用いた場合、損益分岐点は次の計算式で算出することが可能です。

損益分岐点 = 固定費 ÷ 限界利益率

例えば、A社の売上高5,000万円に対して、固定費1,500万円と変動費3,000万円がかかった場合、それぞれの数値は次のようになります。

限界利益: 売上高5,000万円 – 変動費3,000万円 = 2,000万円
限界利益率: 限界利益2,000万円 ÷ 売上高5,000万円 × 100 = 40%
損益分岐点:  固定費1,500万円 ÷ 限界利益率40% = 3,750万円

つまりA社は、3,750万円を超える売上高を達成すると、利益を出すことができるという計算になります。

目標売上高も算出できる!

ちなみに、売上高から変動費と固定費の両方を差し引いた金額を「営業利益」といいます。もしA社が営業利益1,000万円を目指しているとしたら、次の計算式で、目標達成に必要となる売上高を産出することも可能です。

目標売上高:(固定費1,500万円 + 目標利益1,000万円) ÷ 限界利益率40% = 6,250万円

損益分岐点の活用方法

こうして算出した損益分岐点は、事業の状況把握や分析に役立てることができます。損益分岐点が低ければ低いほど、より少ない売上で利益が出やすくなるため、採算性がアップして事業が安定します。

算出した損益分岐点が適切な額かどうかを分析するには、以下の2つの指標が有効です。

①損益分岐点比率
②安全余裕率

①損益分岐点比率とは?

損益分岐点比率」とは、損益分岐点が売上高の何%にあたるかを計算した数値です。数値が低いほど売上低下による影響が少なく、不況に対する抵抗力が強いとされています。

損益分岐点比率の計算式は次のとおりです。

損益分岐点比率(%) = 損益分岐点 ÷ 売上高 × 100

なお、損益分岐点比率には一般的に目安とされる数値があります。

  • 60%未満 → 黒字確保に問題なし
  • 60~80% → 安全
  • 80~90% → 日本企業の平均的な数値
  • 90%以上  → 要改善

100%を超えた場合は赤字を意味します。

例えば前述のA社が、目標である売上高6,250万円を達成した場合、損益分岐点比率は次のとおりです。

損益分岐点3,750万円 ÷ 売上高6,250万円 × 100 = 60%(安全)

②安全余裕率とは?

もう一方の「安全余裕率」は、現在の売上高がどれだけ損益分岐点を上回っているか、つまり赤字までどれくらい余裕があるかを表す指標です。前述の損益分岐点比率とは逆に、数値が高いほど事業に余裕があり、安全であることを意味します。
安全余裕率の計算式は次のとおりです。

安全余裕率(%) =(売上高 − 損益分岐点) ÷ 売上高 × 100

安全余裕率にも、一般的に目安とされる数値があります。

  • 40%以上 → 黒字確保に問題なし
  • 20~40% → 安全
  • 10~20% → 日本企業の平均的な数値
  • 10%未満 → 要改善

0%以下だと赤字になります。

A社が目標売上高6,250万円を達成した場合の安全余裕率は、次のとおりです。

(売上高6,250万円 − 損益分岐点3,750万円) ÷ 売上高6,250万円 × 100 = 40%(安全)

なお損益分岐点比率と安全余裕率は補数と呼ばれる関係にあり、お互いを足すと必ず100%になります。

損益分岐点の活用で費用削減&売上向上を!

このように損益分岐点を活用すると、事業の財務状況を把握・分析することが可能です。もしも損益分岐点が高すぎるという場合には、売上に対して費用がかかりすぎているということになります。

損益分岐点を下げるには、費用の削減もしくは売上の向上が必要です。無駄なコストがかかっていないか、商品の単価は適切かなど、事業の見直しのヒントとなりますので、ぜひ皆さんも損益分岐点を上手に活用してみてください。