フリーランスとして独立開業した際に気になるのが、銀行口座です。
そもそも「事業用の銀行口座が必要なのか」、「どの銀行(金融機関)を選ぶべきか」など、疑問点も多くあるでしょう。

今回は、事業用の銀行口座を開設するメリットや注意点、それぞれの銀行の特徴について解説します。

フリーランスが事業用銀行口座を作るべき理由

フリーランスが事業用に銀行口座を開設するメリットについて解説します。

お金の管理がラクになる

銀行口座の入出金は、すべて記録されます。事業に関する入金や支払いの抜け漏れが確認しやすく、お金の管理を行いやすくなるでしょう。

また、事業とプライベートの口座を一緒にしていると、どちらの用途で行った入出金か一目ではわからず、事業の収支が把握しづらくなります。また、「事業主貸」や「事業主借」といった勘定科目での会計処理も必要になります。

口座を分けるだけで、お金の管理はラクになります。

口座記録を確定申告に利用できる

確定申告では、売上を「貸借対照表」にまとめて税務署に提出します。
1年間の売上となると、取引先や金額といった会計情報が多くなるため、請求金額を手元の資料で計算するだけでは心許ないでしょう。
事業専用の口座なら、入金記録から確実に売上が確認できます。

現金取引が多い場合は注意!

ただし、売上が口座振り込みではなく現金取引が主な事業では、口座記録だけでは売上がかえって把握しにくくなる可能性もあります。自社のスタイルに合わせて、売上金の管理に活用するようにしましょう。

フリーランスの口座開設・運用についての注意点

口座開設・運用時には次のことに気をつけてください。

個人事業用の口座が作れない場合も

銀行によっては、個人事業用の口座を作ることができない銀行も存在します。無断で事業用に使用し、それが発覚した場合、規約違反として口座凍結に遭う可能性も。あらかじめ、事業用に使用できるかを確認しておきましょう。

また、事業用口座を作ることができても、口座名に、屋号を含めることができない場合もあります。その場合は、開設する銀行を変えるか、口座名を代表者の名前のみにしておきましょう。
※屋号とは、個人事業の名称のこと。法人では会社名にあたる

定期的に記帳を行う

通帳に取引の詳細を記入する「記帳」は、定期的に行いましょう。数ヶ月に一度まとめて記帳していると、事業の収支状況が不透明になる他、記帳自体に時間もかかります。取引の頻度に応じて、定期的に銀行で記帳してください。

また、インターネット銀行では、記帳せずに取引情報を確認できます。しかし、古いデータは一定の期間で消去される場合もあるため、こちらも定期的にチェックし、必要に応じてデータを保存しておきましょう。

銀行(金融機関)の種類によるメリット・デメリット

事業用口座を開設できる銀行(金融機関)は、主に「都市銀行・メガバンク」、「地方銀行・信用金庫」、「ネット銀行」の3種類があります。

それぞれの概要とともに、メリット・デメリットを解説します。特徴を理解したうえで、ご自身の事業形態に合う銀行(金融機関)を選びましょう。

都市銀行・メガバンク 地方銀行・信用金庫 ネット銀行
メリット ・ネームバリューが強い
・全国展開で支店・ATMを設けている
・口座の開設者数が多い
・地域密着で個人事業に親切
・地域内では支店・ATMの数が多い
・インターネット経由で、いつでもどこでも手続きできる
・手数料無料などの独自のサービスを受けられる
デメリット ・地方では支店・ATMの数が限られる ・地域外では支店・ATMが少なく、振り込み手数料がかかることが多い ・ID/パスワードの管理が必須

①都市銀行・メガバンクのメリット・デメリット

東京・大阪に本店を構え、全国各地に支店を設けている銀行のことです。特に「三井住友銀行」、「三菱UFJ銀行」、「みずほ銀行」などの銀行をメガバンクと呼びます。

都市銀行・メガバンクは、ネームバリューやブランドイメージが強く、知らない方はほとんどいないため、一種の信用につながります。全国各地に支店・ATMを設けているため、入出金などの手続きを全国で行いやすいです。

また、同じ銀行間での振り込みは、他の銀行間よりも手数料が安く済みます。地方銀行・信用金庫、ネット銀行に比べると口座の開設者が多いため、その利点を活かしやすいです。
特に通販サイトなどで事業を行う場合には、取引頻度も多くなるため、全国規模の銀行の方が手数料の面でメリットも大きいでしょう。

一方で、支店やATMが都市部に集中する傾向にあり、地域によってはかえって利用しにくい可能性もあるでしょう。専用のATMでなく、コンビニや提携金融機関のATMを利用する場合には、余計に手数料がかかることも。注意が必要です。

②地方銀行・信用金庫のメリット・デメリット

地方銀行は、都道府県の県庁所在地などに本店を構え、同都道府県内を中心に展開している銀行のことです。地域にある大企業から中小企業まで幅広く顧客を抱えています。

信用金庫は、地方銀行に比べて地域により密着しています。個人事業や中小企業を中心に顧客を抱えています。

どちらも、地域経済を支えている点では同じです。地域密着というスタイルで、個人事業でも親切に対応してくれることが多いと言われています。事業の顧客層がその地域住民となる場合、地方銀行・信用金庫の方が親しみやすく、信用につながる場合もあるでしょう。

一方で、その地域以外に支店・ATMがないため、他の地域からでは手数料が多くかかってしまいます。全国の顧客と取引する事業には適さないかもしれません。

③ネット銀行のメリット・デメリット

実店舗がなく、インターネット上に存在する銀行のことです。主に「ソニー銀行」、「住信SBIネット銀行」、「ジャパンネット銀行」などがあります。

各種手続きや取引情報の確認などをオンラインで行えるため、わざわざ支店に行って窓口やATMに並ぶという時間や手間を省けます。

ネット銀行によっては、店舗を持たないことで家賃や人件費などを削減。そのコスト分を振り込み手数料や預金金利といった形で顧客に還元しています。たとえば、「ATMで入出金の手数料無料」や「月数回までの振込手数料が無料」といったサービスを提供しています。

ネット銀行で自分の口座ページにログインするためには、IDとパスワードの入力を求められます。IDとパスワードを忘れてしまうとログインすることができず、また、流出してしまうと第三者にログインされてしまう危険性もあります。
口座にある資産はもちろん、登録している個人情報も守る必要があり、セキュリティ面には注意しなければなりません。

ちなみに、都市銀行や信用金庫などでも、インターネットに対応している銀行(金融機関)は数多くあります。オンラインでも振り込みなどの手続きができることがほとんどです。

事業形態に合う銀行で口座開設を!

フリーランスとして独立開業する際は、収支管理や確定申告などの観点から、専用の銀行口座を作ることをおすすめします。
銀行(金融機関)によってメリット・デメリットが異なるため、ご自身の事業形態に合う銀行を選んでみてはいかがでしょうか。