フリーランス(個人事業主)として開業する際に準備しておきたいもののひとつに、「メールアドレス」があります。

近頃はSlackやChatWorkなどのチャットアプリも普及しつつありますが、まだ「誰もが使っている」とは言い切れません。誰に対しても開かれた「連絡先」として、メールアドレスは持っておいたほうが良いでしょう。

では、フリーランスがメールアドレスを持つにあたっては、どのようなポイントに注意すればいいのでしょうか?

無料のメールサービスでもいいのか、はたまた独自ドメインのものを準備したほうがいいのか。本記事ではこのような疑問にお答えしつつ、フリーランスのメールアドレス事情について説明します。

プライベートとは別にメールアドレスを作ろう

まず最初に確認しておきたいのが、「そもそも新しくメールアドレスを作る必要はあるの?」という点。

日常生活では、SNSやゲームのアカウント登録にメールアドレスが必要な場合も多く、大多数の人が自分のメールアドレスを持っているのではないかと思います。すでに使えるメールアドレスがあるのに、新しく作る意味はあるのでしょうか。

基本的には、「事業用のメールアドレスは持っておくべき」だと考えられます。なぜなら、一緒にしてしまうと管理が大変だからです。

プライベートとビジネスの連絡先を同じにしてしまうと、「友人との個人的なやり取り」と「仕事上での重要な連絡」が並んで届くようになります。他にもWebサービスのニュースレターなど、日常で届くメールの数は意外と少なくありません。

そんな中では、興味のないメールマガジンをスルーするように、仕事の重要な連絡を見逃してしまわないとも限りません。返信が遅れれば取引先の信用を失いかねませんし、せっかくの仕事のチャンスも掴めなくなってしまいます。

業務上のやり取りがまだ少ないうちは、プライベートのメールアドレスでも事足りるかもしれませんが、継続的に個人事業主として働くつもりでしたら、やはりビジネス用のメールアドレスは持っておくのが無難だと言えるでしょう。

フリーメールはダメ?独自ドメインのほうがいい?

実際に仕事用のメールアドレスを作るにあたっては、「フリーメールを使う」もしくは「独自ドメインのアドレスを作る」という大きく2つの選択肢があります。

フリーメールとは、基本無料で使えるメールサービスのこと。代表的なサービスとしては、Yahoo!メール、Gmail、Outlookなどが挙げられます。「@yahoo.co.jp」「@gmail.com」といった末尾のアドレスでおなじみですね。

一方の独自ドメインを用いたメールは、アドレスの「@」の右側も自由に設定できます。基本的にサーバー費用がかかりますが、「@会社名.com」といったアドレスも作ることも可能。フリーメールよりも信頼性が高いとも言われています。

フリーメールは信用できない?

では、実際のところどちらを選べばいいのでしょうか。

メールアドレスについてよく耳にする話としては、「フリーメールはビジネスにふさわしくない」「メールにすらお金をかけられない人は信用できない」「企業名がドメインに含まれていたほうが安心できる」などがあります。

たしかに無料よりはお金を払っているほうが安心できますし、「きちんと仕事をしている感じ」は伝わりそうです。信頼できるビジネスパートナーとして選んでもらうためにも、独自ドメインでブランディングを図るのは悪くないと言えるでしょう。

ただ、これは筆者の個人的な経験になりますが、「フリーメールは信用できない」と実際に話している人はほとんど見たことがありません。業界や世代によって「メール」に抱くイメージが異なるのかもしれませんが、「フリーだからダメ」とは限らないように思います。

冒頭でも触れましたが、最近は「最初はメールで連絡をして、その後のやり取りはチャットアプリで行う」というケースも多いため、必ずしもメールに費用をかける必要はない、と考えることもできます。もちろん、フリーメールを問題視する人もゼロではないと思いますので、そこは考え方次第なのではないでしょうか。

まとめ

フリーメールをどのように捉えるかは、人によって意見が分かれるところです。

「フリーメールは信用できない」という見方以外にも、「Yahoo!メールはさすがにちょっと……」という声や、かと思えば「Gmailならいいんじゃない?」と話す人もいます。

実際、フリーランスの中には「ずっとGmailを使っている」という人も珍しくありません。セキュリティ面でも定評がありますし、利便性の高さも魅力。ビジネス用のサービスもあり、月額費を払えば独自ドメインも使えるようになります。

結論としては「基本的にはフリーメールでも問題ない」と言えるでしょう。ただし、「大手企業とやり取りがある」もしくは「信頼性をより高めたい」という場合は、独自ドメインのメールも選択肢に入ってきます。

また、連絡手段として定番化しつつあるチャットアプリの存在を考慮するなら、「メールにまで無理にお金をかける必要はない」という見方もできます。不安でしたら、同業のフリーランスの先輩に聞いてみるのがいいかもしれません。

BIGLOBEの法人向け独自ドメインサービス

フリーランスの収支管理には会計ソフトの活用を

フリーランスになったら、収支の管理はすべて自分で行わなければなりません。そこでおすすめしたいのが、会計ソフトです。

領収書をスマホのカメラで撮影すれば、手軽に経費の登録ができ、それらの登録データから確定申告の書類も作成できます。毎月の収支計算や確定申告にかかるコストを大幅に削減することができるため、ぜひ一度チェックしてみてくださいね。

クラウド会計ソフト「Money Forward」

クラウド会計ソフト「freee」

クラウド会計ソフト「弥生会計オンライン」