フリーランスにとって、お金の不安の一つは退職金がないこと!
人生100年時代に老後の資金をどう確保すればいいのか。お金の不安は誰にでもあると思います。

「老後の蓄えは大丈夫?」
「どうやって資産形成をすればいいの?」
「もっと節税できれば貯蓄が楽になる!」

ただ銀行に預けているだけでは大した金利がつかない……そんなあなたにぴったりの資産形成方法をご紹介します。

それがiDeCo(イデコ)です。厚生年金や企業年金のないフリーランスや個人事業主こそ、iDeCoを利用してみるのはいかがでしょうか?

iDeCo(イデコ)ってなに?

iDeCoとは「自分で資産運用する年金」です。iDeCoは「個人型確定拠出年金」の愛称で、自分で拠出した掛金で金融商品を運用し、資産形成していく年金です。

一般的な公的年金や企業年金は、国から委託された独立行政法人や企業が資金を運用して得た利益を年金として給付します。それに対し、iDeCoは定期預金、保険商品、投資信託など、運用商品を自分で選択することができるのです。

iDeCoは60歳まで掛金を拠出し、60歳以降に掛金と運用益の合計を給付金として受け取ることができます。20歳以上60歳未満の人なら基本的に誰でも加入でき、フリーランスなら最大で月額6.8万円の拠出が可能です。公務員は1.2万円、専業主婦は2.3万円など、被保険者によって拠出限度額が異なる特徴があります。

つまり、フリーランスや個人事業主のほうが会社員や公務員に比べて掛金が多く、優遇されている制度と言えます。企業年金に加入できないフリーランスや個人事業主にとって、老後の資金として、強い味方になります。

必要書類を提出すれば、いつでも掛金の積立の停止や再開を行えます。月々の収入に波がある自営業者やフリーランスでも自分のペースに合わせて資産づくりができます。

ちなみに、「保険会社が提供している年金保険とどこが違うの?」と思われる方もいるでしょう。大きな違いは「所得控除」と「税制優遇」です。iDeCoは所得控除に上限がなく、税金の優遇を受けられる点が、年金保険よりも優れています。

iDeCoのメリットは?

iDeCoが個人で入れる年金制度ということがわかっていただけたと思いますが、iDeCoを利用するメリットはどこにあるのでしょうか。国民年金や厚生年金とは何が違うのでしょうか。iDeCoを利用する具体的なメリットを見ていきましょう。

iDeCoには大きなメリットが3つあります。これらは税制優遇メリットであり、税負担を軽減する効果があります。

1. 掛金は所得控除される

iDeCoの掛金は所得控除されるので、所得税や住民税を軽減できます。掛金の全額が「小規模企業共済等掛金控除」の対象になるからです。

2. 運用益は非課税

通常、株やFXなど、金融商品の取引によって得られた利益は課税されますが、iDeCoでの運用によって得られた利益は非課税となります。

3. 受給するときに所得控除される

60歳以上になり、確定拠出年金を受給するときには所得控除されるので、ここでも節税になります。一時金として受給するときには「退職所得控除」、年金として受給するときは「公的年金等控除」の対象になるからです。

iDeCoのデメリットは?

iDeCoには税制優遇のメリットがありますが、逆にどのようなデメリットが考えられるのでしょうか。ここでは3つのデメリットをご紹介します。

1. 60歳になるまで受給できない

iDeCoは老後の資産づくりを目的としている制度です。そのため、基本的に60歳にならないと資金を引き出すことができません。急な出費やまとまったお金が必要なときに、気軽に引き出せるものではないことを念頭に置いておきましょう。ただし、iDeCoに加入している人が基準以上の障害を負う、死亡するなどの場合には60歳にならなくても一時金を受給できます。

2. 給付額が変動する

iDeCoは、運用商品を自分で選択し、運用益を得ることで資産を作っていきます。そのため、将来受けとれる給付額は運用成績によって変動し、確定しているものではありません。運用商品によっては、元本保証がされていないものもありますので、自己責任において運用していく必要があります。

3. 手数料がかかる

iDeCoを運営する国民年金基金連合会では、加入・移換や掛金納付・還付の都度、事務手数料がかかります。

また、iDeCoの資産を管理する金融機関においても、手数料がかかります。手数料の金額は金融機関によって異なり、金融機関は加入の際に選択します。

iDeCoで老後の資金をつくる

将来や老後への不安は誰にでもあるはずです。新型コロナウイルスのような予測不可能な事態がまた再び訪れるとも限りません。老後資金を確実に確保するために、iDeCoを利用してみるのはいかがでしょうか。