会社員は多くの場合、会社が手配した健康診断を受けます。しかし、フリーランスは自分自身で健康診断を受ける必要があります。会社員とフリーランス、両者の待遇は異なるため、会社員からフリーランスになる場合にはその違いを理解しておく必要があるでしょう。

今回は、両者の違いやフリーランスの健康診断の受診方法について解説します。

フリーランスと会社員で健康診断はどう違う?

まずは、フリーランスと会社員の健康診断の違いについて見ていきましょう。

企業は会社員に必ず受診させる

企業は常時使用する労働者に対し、定期健康診断として、健康診断を1年以内ごとに一度受けさせることを労働安全衛生法で義務付けられています。
もし、対象者に健康診断を受けさせなかった場合、50万円以下の罰金が科せられます。

健康診断の対象者は、正社員はもちろんのこと、以下の条件を両方満たす人も対象となります。

  • パートタイマーなど労働時間が短いけれども、1年以上継続勤務している、または継続勤務が見込まれる人
  • 1週間の所定労働時間が正社員の4分の3以上の人(あるいは概ね2分の1以上の人も対象とするのが望ましい)

健康診断にかかる費用は、企業がすべて負担します。
また、「健康診断にかかった時間は給料支払いをすることが望ましい」という行政解釈があるため、勤務時間中に健康診断を受けさせる会社も多いです。

フリーランスは全額自己負担で受ける

一方、フリーランスは企業に雇われていないため、本人の判断で受ける・受けないを決める必要があります。しかし、受診にかかる手間や業務上の都合から受診を避けているフリーランスも少なくありません。

また、フリーランスの健康診断にかかる費用は、全額自己負担です。その費用を事業経費として会計処理することができないため、ご注意ください。

生きていくために必要なフリーランスのお金の話 税金、年金、保険…ゼロからぜんぶ教えます!

フリーランスの健康診断|選択肢はいろいろある!

会社員であるか、フリーランスであるかにかかわらず、仕事をしていくためには体が資本です。会社に健康診断を義務付けられているわけではないフリーランスはなおのこと、体に不調がなかったとしても、自主的に健康診断を受けることが大切だと言えるでしょう。

フリーランスの健康診断はお金がかかって大変だと感じられたかもしれませんが、受診方法を選べば、負担を抑えてさまざまな種類の健康診断を受けることができます。
ここからは、病気を早期発見するために、フリーランスが健康診断を受ける手段について解説します。

市区町村など自治体の健康診断

職場や学校などで健康診断を受けられない人に向けて、市区町村などの自治体が実施する健康診断があります。市区町村によって、提供している診断内容や対象年齢、費用は異なります。
診断内容は、「健康診査」や「がん検診」、「結核検診」、「肺炎ウイルス検診」、「後期高齢者健康診査」などさまざまです。
費用は、無料のものからワンコイン、自治体から助成金の出るものなどがあります。

受診の対象年齢や費用などの詳細を、お住まいの自治体で確認してみてください。「市区町村名 健康診断」といったキーワードで検索すると、自治体が実施している健康診断について調べることができます。

特定健康診査

特定健康診査は、40歳〜74歳を対象に行う、生活習慣病予防を目的とする健康診断です。
どの自治体でも受診することができ、基本検査内容が整っています。

受診の条件は、以下の通りです。

  • 管轄の地域の国民健康保険に加入している(被保険者・被扶養者)
  • 年度途中にその国民健康保険を加入・脱退・転出しない
  • 実施年度中に40-75歳に達する加入者(被保険者・被扶養者)
    ※年度途中に75歳に達する場合は、75歳に到達するまでの期間

費用は、自治体により異なります。無料あるいは費用の一部を自己負担することとなります。

基本的な検査項目は、以下の通りです。

  • 質問票(服薬歴、喫煙歴 等)
  • 身体計測(身長、体重、BMI、腹囲)
  • 理学的検査(身体診察)
  • 血圧測定
  • 血液検査(脂質検査、血糖検査、肝機能検査)
  • 検尿(尿糖、尿蛋白)

職業別の国民健康保険組合

フリーランスは、職業に応じた国民健康保険組合に加入できます。

たとえば、WEBデザイナーやイラストレーターなど、文芸や美術、著作活動行っている人を加入対象とする「文芸美術国民健康保険組合」や、関東圏(※)の美容師やネイリストなどを加入対象とする「東京美容国民健康保険組合」などがあります。
これらの健康保険組合では、加入者の健康診断をサポートしています。
※東京都内の事業所で勤務し、島しょを除く東京都、 神奈川県、千葉県、埼玉県、茨城県、山梨県に居住している人

たとえば、文芸美術国民健康保険組合では、人間ドックや健康診断を受診した場合に費用の一部を支給してもらえます。ただし、加入者本人の支給額であり、被扶養者は異なります。

  • 人間ドックの受診:都内在住者27,000円以内、それ以外23,000円
    ※継続1年以上の加入かつ胃の検査を含む場合
  • 特定健康診査・保健指導(40〜74歳):人間ドックの支給額に10,000円を加算可能。都内在住者37,000円以内、それ以外33,000円以内
    ※検査結果を要提出

一般の医療機関

もちろん、一般の医療機関で健康診断を受診することも可能です。
健康診断を実施している医療機関がほとんどのため、全国各地で受けられるでしょう。
医療機関によって、健康診断に特化した施設となっていたり、女性特有の疾病を調べる「レディースドック」や「女性専用の健康診断」を設けていたりといった特徴を持っています。

たとえば、東京都・神奈川県にある「総合検診センター ヘルチェック」は、通常の診療ではなく健康診断に特化しており、「生活習慣病健診」では、以下の検査項目を受けることができます。

  • 健康調査
  • 医師診察
  • 身体測定(身長・体重・BMI・体脂肪率・腹囲)
  • 眼科検査
  • 聴力検査
  • 尿検査
  • 血液検査(腎機能・肝機能・膵機能・脂質・尿酸など)
  • 循環器系検査
  • 呼吸器系検査(胸部X線)
  • 消化器系検査

「市区町村名 病院 健康診断」「市区町村名 病院 婦人検診」といったキーワードのほか、「健康診断専門」などのキーワードでの検索もおすすめですよ。その際、少し大きめの自治体のほうが、規模の大きい健康診断専門施設を見つけやすいです。

適切な種類の健康診断を受けよう!

健康診断について会社員とフリーランスの違いや、受診の方法について解説しました。
フリーランスの待遇を理解した上で、ご自身に合う方法で健康診断を受診しましょう。

※掲載情報は2021/3/10時点

個人事業主・フリーランスの年金不安をなくす本 (個人事業+ミニマム法人で保険料を増やさず年金受給を増やす!)

 

個人事業+ミニマム法人でフリーランスの年金・医療保険が充実!