開業届とは?

開業届は、個人で事業を開始することを税務署に申告するための書類で、正式には「個人事業の開業・廃業届出書」といいます。原則として、開業後1ヵ月以内に提出するように定められていますが、未提出のままでも特に罰則などはなく、催促されることもありません。しかし、提出すると青色申告ができる事業者として認められ、節税対策に大きなメリットがあります。

開業届って出さないといけないの?

開業届は、提出してもしなくても、日常業務に支障はありません。未提出でも罰則はなく、取引上問題になることもありません。ただし、税務署に提出する申告書類なので、所得税などの税金には影響します。

青色申告をしたいなら、開業届は必須

節税対策として青色申告を考えているのであれば、開業届の提出は必須です。

また、事業用に屋号名義の銀行口座を作りたいとき、融資を受けたいときには、開業届の控えを求められるケースが多いので、事前に提出しておく必要があります。

こんな時には、提出前に確認を

逆に、開業届を出すタイミングを配慮したほうがいい場合もあります。

扶養から外れる可能性がある

開業届を提出することで、扶養から外れる可能性があります。それまで配偶者や親族の扶養に入っていたのであれば、以後の保険料や税金などに関わるので、事前に健康保険組合の決まりを確認したり、家族と相談しておいたほうがいいでしょう。

開業すると失業保険はもらえない

失業保険は、転職活動をしている人が、次の仕事が見つかるまでのつなぎとして受給できるものです。そのため、開業届を提出して仕事を始めると、失業手当はもらえなくなります。独立するか再就職するか迷っていたり、収入の目処が立っていないような場合は、失業手当をもらってから、後追いで開業することを考えたほうが得策です。

開業届を出すには

開業届(個人事業の開業・廃業等届出書)は、国税庁のホームページからダウンロードして入手できます。記入が完了したら、最寄りの税務署宛に郵送するか、直接持参して提出できます。

開業届を出すタイミングに決まりはありませんし、開業届を出しても出さなくても仕事はできます。ですが、開業届という公的な書類を出すことは、事業主として仕事をする自覚と覚悟を生み、気持ちを引き締めてくれる効果は期待できそうです。

開業届の書き方や提出時の注意点などについて、以下の記事で詳しく解説しています。ぜひ参考にしてみてください。

▼参考記事▼
個人事業主とフリーランスの違いとは?個人事業主になるメリットや開業届の出し方

個人事業主の収支管理には会計ソフトの活用を

個人事業主になったら、収支の管理はすべて自分で行わなければなりません。そこでおすすめしたいのが、会計ソフトです。

会計ソフトを活用すると、領収書をスマホのカメラで撮影すれば、手軽に経費の登録ができ、それらの登録データから確定申告の書類も作成できます。毎月の収支計算や確定申告にかかるコストを大幅に削減できるため、ぜひ一度チェックしてみてくださいね。

クラウド会計ソフト「Money Forward」

クラウド会計ソフト「freee」

クラウド会計ソフト「弥生会計オンライン」