都市部を中心に待機児童が問題となっている昨今、子どもを保育園に入園させられるかどうか、不安に感じているフリーランスの方々も多いのではないでしょうか?

この記事では、入園審査の仕組みから用意するべき書類、申請を有利に進めるポイントまで、フリーランスの方に向けてご紹介いたします。

認可保育園の入園はフリーランスだと不利になる?

まずはじめに、「フリーランスだと認可保育園を利用できない」というイメージをお持ちの方もいらっしゃるかもしれませんが、そんなことは決してありません。働き方そのもので差をつけられることはなく、きちんと手順を踏んで申請を行えば、一般的な会社員と同じように子どもを保育園に預けることができます。

ただし、入園の審査については、フリーランスの方が不利になりやすく、結果として会社員の方が優遇されているという現状もあります。

入園の審査基準とは?

一般的に認可保育園の入園審査には、「点数制」が用いられています。保護者の就労状況や家庭環境に応じて点数がつけられ、合計点が高い家庭から優先的に入園資格を得られることになります。例えば、夫婦の両親がどちらも遠方に住んでいて気軽に子どもを預けることができない、共働きでないと生計が立てられないなど、子育ての環境がどれだけ厳しい状況にあるかを考慮して点数が与えられます。

フリーランスのご家庭の場合、就業時間の制約がない、また在宅ワークであれば通勤時間がかからないといった観点から、余裕がある状況と見なされ、フルタイムで仕事をしている会社員よりも点数が低くなりがちなのが実情です。

細かい基準や方針については各自治体に任せられているため、居住地によって異なります。ウェブサイトなどで基準を公開している自治体もあるので、前もって特徴を確認しておくことが重要です。自治体によっては、実際に用いられる基準点数を明記した指数表を公開している所もあります。現在の点数を試しに計算してみるのもいいでしょう。

フリーランスが入園申請で用意するべき3つの書類

実際の入園審査は、主に自治体へ提出する書類から判断されます。特にフリーランスだからこそ用意しておくべき書類もあります。入園審査にも大きく影響しますので、しっかりと準備するようにしてください。
※自治体によって必要書類や書類名称が異なる場合があります。

①就労証明書

働いていることを証明する書類で、入園申請時には自治体への提出が義務づけられています。「就労状況申告書」や「労働状況申告書」とも呼ばれ、各自治体のホームページや役所窓口で専用のフォーマットを入手することが可能です。

会社員であれば勤務先に記入してもらいますが、フリーランスの場合、自ら記入しなければなりません。具体的には職種や仕事内容、収入、就労形態などのほか、自分で設定した就労日数、就労時間、定休日などを記入します。就労場所は自宅内か自宅外かといった項目もあり、勤務状況のチェックに用いられますので、内容をきちんと確認した上で、提出するようにしましょう。

②就労実績表

「就労実績表」は、直近(3ヵ月間や6ヵ月間)の労働状況を示す書類です。勤務形態が不規則な場合などに提出が求められることがあり、就労証明書のフォーマットに含まれている場合もあります。

自治体によっては、提出が必須というわけではありません。しかし就労証明書と併せて提出することで、どのように仕事に時間を割いているか、実情をより詳細に伝えることが可能です。仕事と育児の両立がどれくらい難しい状況であるか、アピールすることにもつながります。インターネット上でテンプレートなども配布されているので、提出が必須でない場合でも、自ら作成しておくと自身の状況を明確にすることができます。

③開業届や確定申告書の写し

入園審査を受けるにあたっては、本当にフリーランスとして働いているのか、証明が必要になる場合もあります。そんな時、役に立つのが「開業届」と「確定申告書」の写しです。就労証明書の記述に偽りがなく、フリーランスとして実際に働いていることを証明することができます。

自治体によっては自宅で仕事を行っている場合、減点対象となることもありますが、開業届を提出することで減点を免れたり、加点されたりするケースもあります。いずれも提出は必須ではありませんが、提出しておけば実際にフリーランスとして働いているのか、後から確認されるのを防ぐことが可能です。

フリーランスが入園審査を有利にするためのポイント

それではフリーランスの家庭が入園審査を有利にするためには、どのような方法があるのでしょうか?

①就労実績を作っておく

入園審査の基準からすると、仕事の拘束時間が長い方が有利です。そのためたくさん働いているという実績を作っておくと点数が上がります。例えば毎週40時間(1日8時間×週5日)以上の就労時間があれば、フルタイムの会社員と同等の就労実績に値するはずです。

フリーランスの場合、自らの就労時間を細かく管理していない方もいらっしゃるかと思います。しかし入園審査では、労働実績を客観的に証明できるようにしておくことも重要です。確認された場合にきちんと証明できるよう、しっかり管理しておくようにしましょう。

②保育実績を作っておく

保育実績とは、ベビーシッターサービスや一時保育サービス、認可外保育施設などの利用経験のことを表します。過去にこれらを一定期間利用している実績があると、それだけ家庭での育児が困難な状態であると判断され、加点対象となるケースがあります。

利用先の施設やサービスには、利用証明書や受託証明書を発行してもらえないか、事前に依頼しておくといいでしょう。

③0歳児クラスから入園しておく

保育園には、育休が終わったタイミングで入園を申し込む家庭が多いため、どうしても1歳児クラスに応募が集中しがちです。しかも1歳児クラスには0歳児クラスから進級する子どももいるため、新規入園枠が限られてしまうこともあります。

そこで、比較的競争率の低い0歳児クラスからの入園を検討するのも一つの手段です。当然1歳児クラスから入園するよりも、1年余計に保育費用が発生してしまいますし、1歳になるまでは自分で面倒をみたいと思う方も多いかもしれません。しかし、激戦となりがちな1歳児クラスの入園審査を避けることができるというメリットもありますので、選択肢のひとつとして検討してみてください。

選択肢はさまざま、柔軟な対応を!

保育園入園のためのポイントについてご紹介しました。現状ではフリーランスにとって不利な部分もありますが、近年では各自治体に対する厚労省からの呼びかけもあり、またコロナ禍における在宅ワーク増加の影響もあって、より平等に審査が受けられるよう変化しつつあります。

それでも入園が厳しいという場合には、自治体による審査のない認可外保育所や認証保育所、また一部には2歳児からの入園を受け付けている幼稚園などもありますので、そちらを利用するという手段も考えられます。選択肢はさまざまですので、ぜひ柔軟な考え方で準備を進めてみてはいかがでしょうか。