フリーランスとしてビジネスを始めるためには、何が必要でしょうか?パソコン、アプリケーション、作業机……などなど、のちのち作業効率を上げるアイテムを揃えたいけど、とりあえず最低限、仕事ができる環境を準備をしたい!そんなあなたのために、フリーランスで仕事をするため、揃えておきたいビジネスツールをご紹介します。

フリーランスに必要なビジネスツールは?

サラリーマンの場合、ビジネスツールは会社が用意する場合がほとんど。パソコンや携帯電話も支給され、特に困ることはなかったでしょう。しかし、フリーランスではビジネスツールを自分で揃える必要があります。快適な仕事環境には、何が必要でしょうか?

①インターネット環境は必須

まず、多くの場合で必須になるのが、インターネット環境です。ビジネス形態や業種にもよりますが、メールなど取引先との連絡はもちろん、自社商品やサービスのPR、SNSを通じた顧客とのコミュニケーションなど、ストレスフリーなネット環境は日々のビジネスに必須です。

インターネットを利用する選択肢としては、主に次のようなものがあります。

 

  • 自宅に光回線を引いてホームルーターを利用する
  • モバイルルーターを利用する
  • スマホのテザリングを利用する

回線速度や安定性で選ぶなら光回線がオススメです。回線の開通前に工事が必要ですが、安定した速度でビジネス利用できるだけでなく、動画再生もサクサクです。システムエンジニアやデザイナー、ライター、動画編集者など、仕事にネットが必須の人はホームルーターがベストでしょう。

法人向けビッグローブ光

回線工事が面倒、でもすぐにネット環境を整えたいなら、モバイルルーターで対応できます。注文してルーターが自宅に届けばすぐに使えます。外出先でも使えるので、フリーランスの働き方に向いています。

法人向けのモバイルルーターラインナップ

そこまでネットを利用しない人なら、スマホのテザリングやフリーWi-Fiを適宜使うのも良いでしょう。

②ビジネススタイルに適したパソコン

どんな業種であれ、パソコンのような電子機器は必要でしょう。書類作成、Web会議、経費精算等、ビジネスに関するあらゆることに使えます。デスクトップ、ノート、タブレットなど、種類が豊富にあります。自分の使い勝手の良いものを選びましょう。特にこだわりがないのなら、ノートパソコンが無難です。場所を選ばずに仕事ができ、出先のミーティングでも活躍します。

③多機能なスマートフォン

いつでもどこでも、リアルタイムで迅速に連絡を取り合えるスマートフォンも必須です。

すでにスマホを持っている人が大半でしょうが、ビジネス用の回線があると便利です。ビジネス専用の回線を持つことで、仕事とプライベートを切り分け、情報漏洩を予防できるなどセキュリティ面でのメリットもあります。

スマホの2台持ちに抵抗を感じるなら、デュアルSIMに対応した端末を使う手があります。端末の中に2枚のSIMカードを入れることができるタイプで、1台のスマホで適宜回線を切り替えることで、ビジネス用の回線も利用できます。

法人向けの格安SIM・スマホ

④連絡ツールの定番メールアドレス

最近ではチャットアプリやSNSでメッセージのやりとりができますが、メールアドレスは作っておいたほうが良いでしょう。ビジネス用のメールアドレスを作ることで、仕事のメールを一元化できます。

GmailやYahoo!メールなど、気軽に取得できるフリーメールを利用する方法もありますが、独自ドメインのアドレスを取得する方が、信頼感や差別化に繋がるでしょう。

また、独自ドメインでメールアドレスを作成すると、簡単に2つ目、3つ目のメールアドレスが作成できます。「info@〜」や「support@〜」など、いくつか使い分けたい場合にもおすすめです。

法人向け独自ドメインサービス

⑤便利で快適なアプリケーション

パソコンがあっても必要なアプリがなければ、うまく活用できません。最低限、WordやExcelは必要でしょう。仕事柄、頻繁に利用するならMicrosoft 365を契約したいところです。その他、会計ソフトやチャットアプリなど、必要に応じ追加していきましょう。

Microsoft 365

最近ではウェブ会議が普及しているので、ZoomやSkypeがあるとスムーズに仕事ができます。必要があるならAdobeのIllustratorやPhotoshopもあると便利です。仕事でイラストや写真を扱う場合に対応できます。

⑥自宅で仕事できる環境

在宅で仕事をすることが多い場合には、自宅の仕事環境を整えましょう。デスクやイスなど、長時間の作業に耐えられるものがベストです。資料の閲覧に便利な広々としたデスク、あぐらや正座で作業できるデスク、スタンディングデスクなど、バリエーションは多彩です。特にスタンディングデスクは、猫背の防止や集中力アップの効果が期待できるのでオススメ。イスがいらないので、部屋を広く使えます。

⑦名刺(ビジネスカード)

ビジネスシーンの必須アイテム・名刺も作っておきましょう。ネット上には名刺のデザインテンプレートが無数にあります。特にこだわらないなら、無料のテンプレートですぐに名刺を作れます。

名刺作成の代行サービスも多数あり、初回利用に限り無料で印刷をしてくれるところも。上手にキャンペーンも利用してみましょう。

名刺に印刷する項目として、メールアドレスや電話番号だけではなく、QRコードも可能です。自身のウェブサイトやSNSへの誘導に活用していきましょう。

⑧クレジットカードと口座

意外と忘れがちなのが、ビジネス用のクレジットカードと口座です。経費の支払いを仕事のクレジットカードにまとめれば、収支計算や確定申告がぐっと楽になります。プライベート用のクレジットカードと分けておけば、お金の流れがはっきりとわかるからです。インターネットで申込みができるので、カードを発行する手間もかかりません。

⑨確定申告に便利な会計ソフト

フリーランスになると 、今まで会社がやってくれていた経費精算なども、すべて自分で行わなければなりません。そこでおすすめしたいのが、会計ソフトです。

会計ソフトを活用すると、領収書をスマホのカメラで撮影すれば、手軽に経費の登録ができ、それらの登録データから確定申告の書類も作成できます。毎月の収支計算や確定申告にかかるコストを大幅に削減することができるため、ぜひ一度チェックしてみてくださいね。

クラウド会計ソフト「Money Forward」

クラウド会計ソフト「freee」

クラウド会計ソフト「弥生会計オンライン」

準備万端でバリバリ働きましょう!

フリーランスだからこそ、会社とはまた違った、自分だけの働きやすい仕事環境を作る事ができます。準備は大変ですが、それすら楽しめるといいですよね。個人が活躍できる社会でフリーランスの可能性は無限大です!