個人事業主やフリーランスにとって意外と難しいのが、事業のためお金と生活費との線引きです。会計上は明確に区別しなければなりませんが、急に必要となった業務上の支払いを個人的なお金から立て替えたり、反対に事業用の資金を生活費に当てる場面も決して少なくありません。

経理処理を行う上で、こうした場合に用いられる個人事業特有の勘定科目が「事業主貸」と「事業主借」です。その役割や具体な使用方法について、ご紹介いたします。

事業主貸と事業主借とは?

事業主貸と事業主借の大まかな意味合いは、次のとおりです。

  • 事業主貸: 事業用のお金を事業主個人に貸すこと
  • 事業主借: 事業用のお金を事業主個人に借りること

事業主貸と事業主借の覚え方

どちらが「貸」でどちらが「借」か、覚えにくいという方もいらっしゃるかもしれません。しかし、これらの勘定科目は、そもそも事業の会計処理のためのものなので、貸すのも借りるのも「事業用のお金」が主体と考えれば理解しやすいのではないでしょうか。もしくは単純に「事業主に貸す」「事業主に借りる」という具合に、間に「に」を入れて覚えてもいいでしょう。

なお、「貸」「借」と言っても、あくまでお金の流れを示すだけのもので、実際に返済の必要があるわけではありません。最終的には確定申告の際に両者を相殺、その差額を法人での資本金に当たる「元入金(もといれきん)」に振り替えて処理します。

事業主貸と事業主借の具体例

それでは具体的には、どのような場合に用いられるのでしょうか。

事業主貸は事業とは無関係の支出

まず事業主貸は、事業とは関係のない「支出」があった時に使用します。事業用のお金を事業主個人の生活費やプライベートな出費に充てた場合です。一例としては、次のようなケースが考えられます。

  • 生活用品を事業用のクレジットカードで支払った
  • 生活費のために事業用の口座からお金を下ろした
  • 事業主個人にかかる所得税や住民税、保険料などを事業用口座で振替納付した

例えば、プライベートで使用する生活用品の代金10,000円を事業用の普通預金口座から支払った場合、帳簿での仕訳は次のようになります。

借方科目 金額 貸方科目 金額
事業主貸 10,000 普通預金 10,000

なお、事業主貸で処理した費用は、プライベートな支出とみなされます。事業に必要な「経費」と違って、節税にはつながらないので、本当に事業とは無関係か、処理の際は十分に注意しましょう。

事業主借は事業とは無関係の収入

一方の事業主借は、事業とは関係のない「収入」があった時に使用します。事業主個人のプライベートなお金を仕事のための出費に充てたり、事業用の口座に入れた場合です。一例としては、次のようなケースが考えられます。

  • 事業に必要な資金を生活費から事業用口座に振り込んだ
  • 個人用のクレジットカードで事業用の事務用品を購入した
  • 事業用の預金口座に利息が付いた

例えば、仕事で使うための事務用品代500円を個人的なポケットマネーから支払った場合、仕訳は次のとおりです。

借方科目 金額 貸方科目 金額
消耗品費 500 事業主借 500

なお、事業用口座に利息が入金された場合、法人であれば勘定科目には「受取利息」を使用しますが、個人事業では、預金利息は事業所得とは関係のない「利子所得」に当たり、個人事業主個人のお金とされるため、事業主借を使います。預金利息は、振り込み時点で既に源泉徴収されているため、確定申告は不要です。

 区別が難しい場合は「家事按分」

個人で仕事をしている場合、事業用とプライベートの線引きが難しい費用も多々あります。自宅が仕事場を兼ねている場合の家賃や水道光熱費、保険料、ガソリン代、携帯電話料金などは、完全に区別するのが困難です。

このような費用は「家事関連費」と呼ばれ、「家事按分」を行うことで処理することができます。家事按分とは、費用の内、事業での使用に相当する分だけを経費として計上し、それ以外には事業主貸を用いる方法です。

按分する比率の決め方については、法律上の明確なルールがあるわけではありません。家賃であれば実際に仕事で使用している床面積の割合、光熱費であれば使用時間やコンセント数、ガソリン代であれば走行距離や使用日数などから経費を割り出します。税務署に比率の理由を聞かれる場合もあるので、合理的な基準をもって決定するようにしましょう。

適切な会計処理を!

事業主貸と事業主借は、個人事業主やフリーランスのための勘定科目です。ややこしい部分もありますが、きちんと理解することで、正しく処理を行うようにしましょう。

会計ソフトの活用がおすすめ

上記のような処理をわかりやすく、手軽にしてくれるのがクラウド会計ソフトです。まだ導入されていない方は、ぜひご検討ください。

クラウド会計ソフト「Money Forward」

クラウド会計ソフト「freee」

クラウド会計ソフト「弥生会計オンライン」