コロナウイルス感染症の影響で「収入が減ってしまった…」と困っている方も多いのではないでしょうか?

そんなときに助けになるのが副業です。
今の時代、ネットを駆使すればあなたの「スキル」を活用してお金を稼ぐチャンスはたくさんあります。ただ、副業を始めるにしても何から始めたらよいかわからないですよね。

今回の記事では「あなたのスキルを活用した副業ガイド」として、副業のアイデアとサービスをご紹介します!

1.ビジネススキルを活用!「作業代行」で稼ぐ

最初に紹介したいのが、あなたが普段駆使しているビジネススキルを活用して、作業代行で稼ぐ方法です。

これは「クラウドソーシング」といわれるもので、これまで社内でやっていた業務を不特定多数の人に向けて公募し、条件等がマッチングした人に発注するというスタイルの仕事です。

クラウドソーシングでは、様々な種類の仕事があります。たとえば、IT系スキルを活用した仕事内容の典型として、WordやExcelの書類作成やテープ起こしなどがあります。他にも語学が得意なら翻訳、デザイン系なら企業ロゴを作成する仕事などもあります。

ありとあらゆる案件があるので、あなたが持っているスキルも活用できるかもしれません。

クラウドソーシングの仕事ができるサイト

老舗サービス「ランサーズ」

日本初のクラウドソーシングサービスで、利用者が多く案件も多いです。大企業や官公庁の案件もあります。

ユーザー数300万人「クラウドワークス」

業界No.1のユーザー数を誇るマッチングサイト。こちらも案件が多く、初めて使う方におすすめのサービスです。

2.自分の商品を活用して稼ぐ

2つ目が、自分の商品を活用して稼ぐ方法です。

あなたが普段、ハンドメイド品や雑貨などのオリジナル商品を制作したり、販売したりしているのなら、自分の商品を活用して稼げます。

以前は、ネットショップというと、初期費用で数万円かかったり、IT知識が必要だったりと敷居が高いものでした。しかし、最近はスマホアプリだけで簡単にネットショップを作れるサービスが出てきています。また、カメラマンや、趣味で写真を撮影している人なら、自分で撮影した写真を専用のマーケットで売ることも可能です。

オリジナルの商品を持っているあなたにトライしてほしい方法ですね。

簡単にネットショップを開設できるサービス

最短3分!無料で開業できる「BASE」

初心者でも簡単にネットショップをひらけると最近話題のサービスです。利用料は無料で、商品販売時に手数料がかかります。

アクセス解析機能付き「STORES」

STORESも同じく簡単にネットショップがひらけるサービスです。こちらは利用料が無料のプランと、有料のプランがあり、別途数%の決済手数料がかかります。

世界にあなたの写真を販売可能! 「Adobe Stock」

Adobeが運営するストックフォトサービス。プロアマ問わず手持ちの写真、イラスト、ビデオを世界に向けて販売できます。

ハンドメイドといえば「minne(ミンネ)」

国内最大級の手作り・クラフト雑貨のマーケットです。ハンドメイド品を売りたいなら、ぜひ使っておきたいサービスです。

3.自分のスキルや経験を売って稼ぐ

3つ目は、自分のスキルや経験を売って稼ぐスタイルです。作業代行と違うのは、自分のスキルを商品としてパッケージ化して売ること。

最近では、個人で書籍や講座を販売できるサービスが出てきており、手軽に稼げるようになっています。たとえば、アプリの使い方を解説したマニュアルを映像講座や電子書籍にして配信するといった方法です。

売れなければお金は入ってきませんが、人気が出れば少ない労力で稼げます。自分で「発信」することが得意な方にオススメの方法です。

自分のスキルを売れるサービス

自分の文章を売る「note」

自分で書いた文章に値段をつけて売れるサービスです。スキルやノウハウをまとめて本のように売りたい方におすすめです。

2,400万人が学ぶオンライン学習サイト「Udemy」

学びたい人、教えたい人のためのオンラインのマーケットプレイスサービスです。動画講座を作って売ることができます。

4.自分の体力を使って稼ぐ

体力に自信があれば、身体を使って稼ぐのも1つの方法です。最近では新型コロナウイルスの影響もあり、好きな時間に好きなだけ働く「ギグワーク」と呼ばれる働き方が広まってきています。代表的なのは「Uber Eats」。空き時間を使って気軽にお金を稼ぐことができます。

また、お店の接客の様子などをレポートする覆面調査員という副業も人気です。お店を経営されている方にとっては、普段お客さまがどんなことを気にするのかを肌で感じられる、という点でもメリットの多い仕事かもしれません。

自分の体力を活用して稼げるサービス

フードデリバリー「Uber Eats」

自転車やバイクなどで料理を配達するサービスです。2016年に日本でサービスを開始し、2020年からは日本全国で利用できるようになっています。

こっそり稼げる「MYSTERY SHOPPING RESEARCH」

覆面調査員の募集サイトです。案件数が多く、モニター登録後すぐに覆面調査に応募できます。

5.お店の遊休資産を使って稼ぐ

最後に紹介するのはお店の「遊休資産」を使って稼ぐ方法です。

最近では遊休資産を使ってもらいたい人と使いたい人をマッチングするサービスが生まれています。たとえば、夜しか営業していないお店があれば、スペースを昼間だけ貸してお金を稼ぐといったやり方です。

遊休資産を持っている方にトライしてほしい方法ですね。

お店の遊休資産を使って稼げるサービス

スキマ空間を貸す「magari」

飲食店の使われていない時間帯を貸したいオーナーと間借りで飲食店を開業したい方をマッチングするサービス。ランチタイムに使っていないお店のスペースを有効活用したいお店におすすめです。

使っていないスペースをシェアする「NOKISAKI」

空きスペースを貸したい人と借りたい人をマッチングするサービスです。物品販売や会議室、駐車場など、空いたスペースを貸したい方におすすめです。

あなたのスキルや条件に合う副業にトライ 

インターネットのおかげで、自分の持っているスキルを売れる場所が増えました。そして、この新型コロナウイルスの影響を受け、それがさらに加速していると感じます。

今回紹介したアイデアは、スキルなどがあれば気軽にチャレンジすることができます。ぜひあなたのスキルに合いそうな副業を選んで、トライしてみてください!

副業の収支管理は会計ソフトで

会社員でも副業の収入が年間20万円を超える場合、確定申告が必要です。副業でかかる経費や収入の管理には、会計ソフトの活用をおすすめします。領収書をスマホで撮影すれば手軽に経費登録ができ、登録されたデータをもとに確定申告の書類を作成することもできます。

副業を始める際には、ぜひ会計ソフトの導入もご検討ください。

クラウド会計ソフト「Money Forward」

クラウド会計ソフト「freee」

クラウド会計ソフト「弥生会計オンライン」