コロナの影響もあり、再び注目を集めているSOHO(ソーホー)。自宅で働くそのワークスタイルは、なんとなくテレワークに近いイメージを持つ人も多いでしょう。しかし、そもそも「SOHO」がどんな意味で、普通のオフィスと何が違うのか明確に答えられる人は意外に少ない気がします。また、実際にSOHOをはじめてみようという人にとっては、どんな職種がSOHOに向いているのか知っておきたいところですよね。

そこで今回は、SOHOがどんなものか説明しつつ、SOHOに最適な職種の紹介もしたいと思います。

SOHOとは?オフィスとどう違うの?

SOHOとは、英語の「Small Office/Home Office」の略語で、小さなオフィスや自宅を仕事場にする働き方のことです。また、その仕事場や物件自体をSOHOと呼ぶ場合もあります。

主に企業などからの仕事を、ITを活用して小さなオフィスや自宅などで請け負うスタイルの働き方を指します。つまり、フリーランス(個人事業主)の方だけでなく、会社にしていても「SOHO」だというケースもあります。

SOHOに適した職種とは

狭いオフィスで働くSOHOという働き方は、どんな職種にも適しているわけではありません。SOHOに向いているのは、ネット環境とパソコン程度の機材ではじめられるような職種が挙げられます。

エンジニア

エンジニアやプログラマーという職種は、基本的にパソコンさえあれば開発が行えることもあり、SOHOには最適といえるでしょう。ただし、開発にはそれなりのスペックのパソコンが必要になることや、場合によっては個人情報や企業の機密情報を扱わなくてはいけないケースもあるため、VPNや固定IPなどの準備が必要になることもあります。

デザイナー

WEBや出版物などのデザインを手掛けるデザイナーも、パソコンと「Photoshop」や「Illustrator」といったソフトさえあれば作業ができるため、SOHO向きの職種といえます。また、クリエイティブな発想が必要になるため、自分がもっとも作業に集中できる職場環境を選べるSOHOはデザイナー向きの働き方といえるでしょう。

ライター

ライターや編集といった職種も、基本的にノートパソコンとネット環境さえあれば、十分に作業ができます。最近は、取材などもメールやSNSのやり取りで対応できるケースも多く、オフィスから一歩も出ずに完結できる仕事もあります。

さらに、SkypeやZOOMなどを活用した取材も可能なので、Face to Faceのコミュニケーションが必要な場合でも問題ありません。また、移動時間も作業に充てることができるため、効率よく仕事を進められる点もメリットです。

新しい生活様式と働き方

昨今のコロナの影響により、新しい生活様式が定着し始めています。テレワークなど在宅での仕事を体験した人であれば分かると思いますが、意外に自宅で完遂できてしまう仕事は多くあります。新しい生活様式とSOHOは非常に相性がよく、これを機に働き方を変える人も多くいることでしょう。

首都圏に住んでいる人は、通勤に片道1時間程度かかることはザラなので、毎日2時間もの時間を無駄にしているといえます。しかし、SOHOであれば通勤時間も仕事に充てられるだけでなく、満員電車に揺られる通勤ストレスからも解放されますので、まさに一石二鳥といえるのです。ぜひ、これを機会にSOHOというワークスタイルを検討してみてください。

業務でインターネットを使うならビッグローブ光