近年、飲食業界における人手不足は、非常に深刻な状況です。

飲食業界は労働集約型(機械や設備ではなく人が中心にサービスを提供すること)のビジネスですが、仕事や働き方の多様化による影響も後押しして、従業員の定着率が著しく低下しています。

また、飲食業界は比較的、参入しやすいため競合も多く、人材獲得が非常に困難な状況です。

そんな中、ITを上手に活用して飛躍的に業務効率を上げているお店もあります。そこで、イマドキの人手不足解決方法として、ITを活用した業務効率化方法をご紹介します。

キャッシュレス決済

飲食業界において、切っても切れないのが決済業務。

人手不足によって、従来のようにレジ業務に担当者を割り振ることが難しくなってきており、券売機を導入するお店も増えています。券売機を導入することによって、オーダーを取る手間をカットすることができますね。

そして、飲食業界において、意外に手間がかかっているのが、「現金」の取り扱いでしょう。現金での決済には、以下のような問題があり、意識していなくてもかなりの手間がかかります。

  • 釣銭の準備が必要
  • 売上の集計作業が毎日発生→1円でも足りないとやり直し
  • レジからお金を抜かれるケースがある

これらの問題を解決する手段の1つとして、キャッシュレス決済を積極的に導入するお店が増えてきています。

キャッシュレス決済を導入することで、上記の問題が改善されるだけでなく、さまざまな決済手段に対応できることで訪日外国人の来訪にも対応でき、新たな売上につながる可能性もあるでしょう。

QRコード決済対応 飲食店POSレジには「ユビレジ」

スマホやタブレットによるオーダーシステム

飲食店においてオーダー業務は必要不可欠ですが、前述したような券売機で対応できるのは、ラーメン店やファストフードといったメニューの数が比較的少ないお店に限定されます。そのため、レストランや居酒屋などでは、人によるオーダー業務からの脱却が困難でした。

しかし、最近はスマホやタブレットによるセルフオーダーシステムを導入するお店が増えており、オーダー業務をほぼ無人化できているケースも散見されます。セルフオーダーシステムのメリットとしては、

  • スタッフのコスト削減
  • スタッフへの教育コスト削減
  • オーダーミスやトラブルの減少
  • 時間管理などが自動で行える
  • 外国語対応も可能

などが挙げられ、お店のコスト削減に加え、顧客満足度アップにもつながるというメリットもあるのです。

セルフオーダーシステムと聞くと高額なイメージがあるかもしれませんが、最近では様々なサービスがあり、コストを抑えて実現できるものもありますよ。

シフト管理もITで効率化

シフト管理業務は、お店の収益にダイレクトにつながる重要な業務です。飲食店の経費における人件費の割合は非常に高く、いかに効率のよいシフトを組めるかが収益拡大のポイントになります。

そのため、お店がうまく回るようにベテランと新人をバランスよく配分したシフトを組む必要があるのですが、スタッフからは、

「この日は、お休みにしてほしいです」
「今月は、週2で……」

といったように、いろいろな希望が出てきますので、従業員満足度を上げるためにはそちらも加味する必要がありますよね。

さらに、手書きによるシフト表を提出するお店では、集計作業にもかなりの時間が必要になってくるため、シフト管理業務は非常に重労働といえるでしょう。

そこでおすすめしたいのが、シフト管理システムです。シフト管理システムを導入すると、以下のようなメリットがあります。

  • シフト作成が非常に簡単
  • 最適な人員配置が可能
  • シフト提出および集計の手間がなくなる
  • シフト確認が簡単

シフト管理システムでは、スタッフの勤続年数や給料なども管理できるため、ベテランと新人などを判別して、自動で最適なシフトを作ることが可能です。また、スタッフの希望も考慮されているため、離職率の低下にもつながります。

IT化によって働きやすい職場環境に

今回は、イマドキの人材不足解決方法として、IT活用による業務効率化の事例を紹介しました。

飲食業界は今後も人手不足が続くことが予想されるため、配膳ロボットやAIを活用した自動調理など、ますますIT化が進んでいくでしょう。中には「AIに仕事を取られるかも……」と心配される方もいらっしゃいますが、逆に人間にしかできない仕事に特化させることで、やりがいを生み、スタッフの定着率を上げることが、今後は重要になってくるかもしれません。