「短時間だけ車を借りたい」「出先で急に車が必要になった」これらのニーズに応えてくれるのがカーシェアリングサービス(以下、カーシェア)です。
簡単に車を借りられ、仕事からプライベートまでさまざまなシーンで利用できます。

今回は、カーシェアのメリット・デメリット、国内主要サービスをご紹介します。

そもそもカーシェアとは?

カーシェアとは、サービス提供会社が保有している車を会員同士で共有(シェア)するサービスです。会員は、自分が使いたいタイミングで、近くの専用駐車場にある車を利用することができます。
車を保有することなく、使いたい時に使う分だけ使用料を払って利用できることから、地代の高い大都市圏で特に人気があります。

サービスによって細かな手続きは異なりますが、利用の流れは次の通りです。

  1. サービスを提供している会社で会員登録
  2. 車を利用する日時が決まったら、スマホ・パソコンから車を予約
  3. 貸出時間になったら車が置いてある駐車場(ステーション)へ
  4. スマホや専用カードで車を解錠し、利用
  5. 返却時間までに最初の駐車場へ返却
    ※利用中は、必要に応じて給油を行います(ガソリン代が利用料金に含まれることもあります)

カーシェアのメリット

カーシェアのメリットは、次の4点です。

  • 車の購入費や、ガソリン代・保険料などの維持費がかからない
  • 車検やメンテナンスの必要が無い
  • 出張先や外出先で車を使える
  • 車の空きがあれば、いつでも借りられる

車を購入する場合はまとまった費用がかかり、購入後も月々のガソリン代や保険料、駐車場代などがかかりますが、カーシェアでは不要です。車検やメンテナンス費用も同様です。
全国にサービスエリアが広がっているため、出張先や外出先でも利用しやすく、予約できればいつでも借りられます。

カーシェアのデメリット

カーシェアのデメリットは、次の2点です。

  • が空いてなければ借りられない
  • 返却時間を延長できない

当然ですが、自分が希望する駐車場(ステーション)で、自分が借りたい時間に空いている車や希望する車種がなければ、借りることができません。
また、自分の後に次の予約が入っている場合は返却時間を延長できません。
※ほとんどのサービスでは、次の予約が入っていなければ、そのまま申請して延長することも可能です。

レンタカーとはどう違う?|短時間レンタルが割安に

同じように車を借りるサービスにレンタカーがあります。レンタカーとの一番の違いは、カーシェアなら10分や15分といった短時間から車を借りられることです。

たとえば「ちょっと近くまで買い物に行きたい」「雨が降っているので、保育園まで子供を車で連れていきたい」など、30分程度しかかからない用事の場合。
レンタカーでは、実質30分しか使わないのに数時間分のプランでレンタルすることになり、あまった時間の分も料金がかかるケースがほとんどです。
その点、カーシェアは15分といった短時間から借りることができるので、本当に必要な時間だけ借りられ、費用を安く抑えられます。

また、店舗での手続きが要らず、オンラインで完結する点も魅力です。

使い方によってはレンタカーの方が割安な場合も

ただし、数日間にわたって借りる場合は、レンタカーの方が割安になるケースもあります。
レンタカーの料金には、12時間・24時間といった区切りのパック料金が設定されていたり、2日以上の利用で1日分の利用料が無料になるなど、長期利用でお得なプランが用意されているケースも多くあります。

加えて、カーシェアの料金は、レンタル時間だけでなく走行距離に応じて算出されるケースもあります。そのため長距離・長時間の移動ではレンタカーより割高になりやすいです。

また、カーシェアは、サービス提供会社に登録して利用する会員向けサービスです。会員になるには、基本的に入会時の初期費用や月額料金がかかります。
※一部のサービスは無料です。

それに対してレンタカーは、一般的に会員費・年会費が無料です。

主要6社のサービス料金比較

各社が提供するカーシェアのサービス内容を比べてみました。
※掲載情報は2021/8/2時点

初期費用 月額料金 時間料金
(15分)
距離料金
(1km)
ステーション数
タイムズカー
(個人プラン)
1,650円 880円
※利用料金に充当可能
220円〜 16円
※6時間未満は無料
12,829箇所
カレコ 無料 980円
※利用料金に充当可能
140円〜
※10分毎
16円〜
※6時間未満は無料
2,798箇所
オリックス
カーシェア 
(個人A)
1,050円 840円
※時間料金に充当可能
210円〜 16円 1,569箇所
Honda 
EveryGo
無料 無料 200円〜 17円 128箇所
earthcar 無料 無料 1,000円〜
※6時間毎
150円〜
※10km毎/10kmまで無料
118箇所
カリテコ
(デラ乗り)
990円 1,045円
※利用料金に充当可能
187円〜 11円または16円
※6時間未満は無料
371箇所

※ステーション数は2021年6月時点。参照:カーシェアリング市場動向(2021年第二四半期:主要6社)|ジェイティップス

以下では、各サービスの特徴について解説します。

タイムズカー

ステーション数は、全国12,829箇所とダントツです。
初期費用や月額料金はかかりますが、月額料金は利用料金に充当できます。また、6時間未満なら距離料金は無料です。
ステーション数の多さから、地方でも利用しやすいサービスです。

カレコ

ステーション数は、2,798箇所。関東・関西の都市部や、地方都市を中心にサービスを展開しています。
月額料金の980円は利用料金に充当できるため、毎月1回以上使う方におすすめです。

オリックスカーシェア

ステーション数は、全国1,569箇所。学生や法人向けプランを用意しており、割安の利用料金に設定してあります。
個人向けの平日定額乗り放題プランもあり、平日1回あたり3時間(または6時間)の利用が可能です。

Honda EveryGo

ステーション数は128箇所。サービスエリアは都市部(東京、神奈川、千葉、愛知、大阪、福岡、福島)と限られていますが、初期費用・月額基本料が無料でランニングコストがかかりません。Hondaの車種が好きな方や、都市部で利用する方におすすめです。

earthcar

ステーション数は、118箇所。サービスエリアは都市部およびその近郊です。
初期費用・月額基本料が無料で、時間料金が6時間毎、距離料金が10kmごとにかかるため、長距離を移動するには割安なサービスです。

カリテコ

ステーション数は、371箇所。サービスエリアは名古屋市内を中心に東海、東京、神奈川、石川となっています。
学生・法人向けプランは月額基本料が無料。利用料金は割安(187円〜/15分)です。
距離料金も6時間までは無料となるため、名古屋市内や東海での近距離〜中距離の移動に適しています。

近くのステーションからカーシェアを利用してみよう

主要サービスは全国各地でステーションを構えてサービスを展開しています。仕事やプライベートで車を借りるときには、カーシェアを利用してはいかがでしょうか。