Googleの検索結果やGoogleマップに店舗情報を掲載し、集客にも活用できる「Google マイビジネス」。

この記事では、Google マイビジネスの登録方法について、順を追って説明します。ちなみに、Google マイビジネスの概要については別の記事で紹介しておりますので、そちらもあわせてご覧ください。

【参考記事】Google マイビジネスとは?

Google マイビジネスの登録手順

Google マイビジネスに登録するだけであれば、面倒な手続きや準備は必要ありません。Googleのアカウントさえ持っていれば、誰でも無料で利用できます。

まず、Google マイビジネスのトップページにアクセスし、「今すぐ開始」をクリックします。
あらかじめGoogleアカウントでログインしておきましょう。

Google マイビジネスのトップページ

「自社のビジネス情報」として企業名・店舗名を入力。情報が見つからない場合は、新しく登録します。

自社のビジネス情報登録画面

続いて、「ビジネスカテゴリ」を選択します。

ビジネスカテゴリの登録画面

店舗・オフィス情報を入力するか選択します。選択したビジネスカテゴリによっては入力必須です。

店舗・オフィス情報入力画面

住所を入力します。

住所の入力画面

商品配達や出張型のサービスを提供しているか、回答します。

複数拠点でのサービス提供があるか回答する画面

連絡先を入力します。いずれも必須ではありませんが、掲載したほうがお客様からのお問い合わせやご予約に対応しやすくなります。

電話番号登録画面

最終確認のうえ、「終了」をクリックしたら作成完了です。

Google マイビジネス登録完了画面

登録情報を変更する場合

店舗の住所や営業時間などが変更になる場合は、必ずGoogle マイビジネスを使って情報の編集をしましょう。

操作手順は以下の通りです。

  1. Google マイビジネスにログイン
  2. 画面左にあるメニューで「情報」をクリック
  3. 各項目を編集したら「適用」をクリック

まとめ

店舗情報を登録したら、実際にGoogleマップで検索して、登録状況を確認しましょう。

Google マイビジネスを集客に活用する場合は、一緒に「ビジネスのオーナー確認」も済ませておきたいところ。こちらは若干の手間がかかりますが、オーナー確認をすれば第三者のなりすましを防げるほか、ユーザーからの信頼度が上がるなどのメリットもあります。詳しくはGoogleのヘルプページを参照ください。

また、Googleマップに掲載する情報をまとめて管理し、より効果的に集客や売上げアップに結びつけたい方には、「BIGLOBE店舗マップ管理」の導入もおすすめしています。気になる方は、ぜひチェックしてみて下さい。

BIGLOBE店舗マップ管理

※本記事の内容は、2020年3月13日現在の情報です。