電子マネーの利用が広がる中で、「LINE Pay」の名前を聞いたことがあるという方も多いでしょう。でも、「LINEは使っているけれど、LINE Payはよくわからない」という方もいるのではないでしょうか。

実はLINE Payは、一般の利用者にとっても事業者(加盟店)にとってもかなり魅力的なサービスです。

この記事では、LINE Payの特徴と利用するメリットをわかりやすく紹介していきます。

LINE Payとは?

LINE Payは、国内の月間アクティブユーザー数8,200万人を数えるコミュニケーションアプリ「LINE」が提供する電子マネー決済サービスです。コンビニエンスストアから、居酒屋、カフェ、ドラッグストア、家電量販店など、さまざまなジャンルでの店で取り入れられています。

LINE Payを始めるには?

LINEをすでに使っている方がLINE Payを始めるのは簡単で、「LINE」のアプリを立ち上げ「ウォレット」から「LINE Payを始める」をタップして登録を行うだけ。

銀行口座の登録はしなくても使えますが、登録すれば送金、出金などの機能が使えるようになります。

LINE Payのチャージ方法

LINE Payにチャージするには、下記の方法が使えます。

  • 銀行口座
  • セブン銀行ATM
  • QRコード/バーコード
  • LINE Payカード レジチャージ
  • Famiポート
  • LINE Pocket Money
  • オートチャージ

クレジットカードをLINE Payに登録することはできますが、クレジットカードからチャージすることはできません。

LINE Payの支払い方法

お店での支払い時は、おもに「コード支払い」を利用します。
バーコード、QRコードの画面を表示して、店員さんに読み取ってもらいます。

「コード支払い」画面を出すには

  1. LINEのトップ画面から「ウォレット」をタップ
  2. チャージ金額の下にある「コード支払い」をタップ
  3. パスワードを入力(またはTouch IDで認証)する
  4. 初めて使用するときは「お支払い方法」>「残高」にチェックを入れる

linepay_home.jpg

linepay_code.jpg

このように、コード支払い画面を出すのはちょっと手間がかかります。
そのため、一度この画面を出したら、最下部にある「コードショートカットを作成」から、スマホのホーム画面にショートカットを作成しておくと、使いたいときにコードを出しやすくなりますよ。

LINE Payのメリット

LINE Payの利用はどのようなメリットがあるのか、ご紹介します。

利用者のメリット

  • 支払いが簡単になる

    LINE Payを利用すれば、スマートフォンにQRコードを表示させるだけで決済が可能です。いちいち財布を出さなくていいので会計の手間もかかりませんし、少額の支払いに1万円札しかなくて気まずい思いをする…なんてこともありません。

  • 登録料・チャージ手数料無料で使える

    LINE Payは登録料・チャージ手数料がすべて無料で利用できます。

  • LINEユーザーが始めやすい

    LINEをすでに使っているユーザーは、煩雑な登録なしにLINE Payを使い始めることができます。新たにアプリのダウンロードをする必要などがないので、比較的始めやすいと感じる方が多いでしょう。

  • 利用するとLINEポイントとして還元される

    LINE Payでのお支払いのたびに、【お支払い金額×0.5~2%】のLINEポイントが付与されます。このLINEポイントはLINE Payでのお支払いの際に利用できるほか、LINEのスタンプや着せかえを購入したり、いろいろなLINEサービスで使うことができます。

    (2019年11月1日より、付与されるインセンティブが「LINE Payボーナス」から「LINEポイント」に変更になりました。)

  • 割り勘機能がある

    LINE Payには個人間で送金したり、グループで割り勘をする機能も付いています。現金のやりとりをせず、面倒な計算やお釣りのやり取りなしに割り勘ができます。

加盟店のメリット

  • LINEユーザー層の顧客増加が見込める

    LINEは、国内で世代を問わず8,200万人が日常的に利用しており、LINE Payユーザーも若い世代を中心に増えていくと思われます。LINE Payに対応することで、若い世代の顧客増加が期待できます。

  • LINEを使って顧客にアプローチできるようになる

    LINE Payで決済した顧客に対しては、ビジネス用LINEアカウントの友達追加を促すことができます。友達追加してもらえれば、LINEの機能を使ってクーポンやセール情報を届けることが可能です。

  • 会計のミスがなくなる

    現金の受け渡しがなくなるので会計時のミスがなくなり、決済にかかる時間も短くなることで、業務の効率化が期待できます。なお、店舗に導入したい場合は、LINE Payの公式サイトにアクセスし、「LINE Pay加盟店申請」から申し込みをすればOKです。約10営業日ほどで審査結果が届きます。

LINE Payが使える店舗は年々増加中

LINE Payが使える店舗は年々増えており、ローソンやマツモトキヨシ、TSUTAYAといった日常よく利用する店舗でQRコード決済ができるほか、ZOZOTOWNやラクマ、LINEチケットなどでのオンライン決済、各電力会社の請求書払いにも使えます。

すべてスマホで決済できるスピーディさとお手軽さは本当に便利なので、ぜひ使ってみてください!

※本記事内の情報は2019年12月10日現在のものです。