お店の販促の一環として、ポイントカードを導入してみませんか? いまどきのポイントカードは、紙やプラスチック製のものではなく、スマホアプリで作成できます。手軽にポイントカードアプリを導入して、お店のリピーターを増やしましょう!

おすすめポイントカードアプリ3選

ポイントカードアプリには、さまざまなメリットがあります。

そもそもお客さんは紙やプラスチック製のポイントカードを持ち歩く必要がないので、忘れたり、紛失したりする心配がありません。また、お会計の時に、財布からポイントカードを探す手間が省けますし、いろいろなお店のポイントカードで財布がパンパンになってしまうこともありません。

そして、お店側には業務改善に役立つ便利な機能がたくさんあります。
では、具体的にはどのようなサービスがあるのでしょうか? スマホで使える便利なポイントカードサービスをご紹介しつつ、ポイントカードアプリのメリットを解説します。

成功するポイントサービス

LINEの「ショップカード」機能

LINE公式アカウントでは「ショップカード」というサービスを提供しています。このサービスを使えば、お客様の来店に対してポイントを付与し、LINE上で管理することができます。

ポイントの付与にはQRコードを利用します。お店が発行するQRコードをお客さんが読み取るだけです。スマホやタブレットに表示したQRコードを読み取ってもらうだけでなく、QRコードを印刷して利用することも可能です。店内に掲示する、座席のPOPにQRコードを設置することで、料理が提供されるまでの時間にポイントを付与することができます。

不正利用を防止するための再取得の制限(1日につき1回だけポイントを獲得できるなど)、来店時に何ポイントを与えるかなど、細かく設定できます。発行したポイントカードの枚数、付与したポイントの合計は、正確な数字をリアルタイムに把握できるので、集客や販促に効率よく生かせます。

はじめてでもできる! LINEビジネス活用公式ガイド

betrend

betrendは、お店とお客様が継続的な関係を築くためのサービスです。たとえば、顧客情報を1つのデータベースにまとめる、来店情報を記録する、優良顧客を把握するなど、お店が顧客情報を管理・分析することで効果的な販促が行えます。その中で、ポイントカードのサービスも利用できます。

クーポン、ポイントカード、メール配信などの基本的な機能に加え、来店検知機能もあります。GPSやBluetoothを利用することで、お客さんがスマホを持って入店するだけで、来店を検知し、利用履歴を記録できます。お客さんのQRコードをPOSレジで読み取れば、購入金額を会員情報と紐づけできます。来店回数、購入金額、クーポンの利用状況などのデータを活用すれば、お客さんに合わせた効果的な販促ができます。

ほかにも、アプリで配布できるクーポンにスクラッチ機能を付与し、ゲーム要素を取り入れています。当選確率やスクラッチできる回数は、自由に設定できるので、1日1回スクラッチをできる設定にすれば、毎日アプリを利用してもらうきっかけになります。

コストゼロでも効果が出る! LINE公式アカウント集客・販促ガイド (Small Business Support)

mint

mintはお店オリジナルのポイントを作り、お客さんにさまざまな方法でポイントを付与できるアプリです。お客さんがポイントをもらう方法は3種類。「お店のQRコードを読み込む」「お店にIDを伝え、ポイントを送ってもらう」「お店をTwitterで紹介して自動でもらう」の3種類です。

SNSのハッシュタグやリツイートで、お店を応援してくれたお客さんにポイントをプレゼントできるのが特徴です。来店時に対面でポイントを付与するだけでなく、オンラインでポイントを付与することもできます。

ポイントカードアプリでリピーターを増やそう!

スマホのポイントカードアプリなら、コストを抑えてポイントカードを導入できます。スマホアプリなら顧客データの管理も同時にできるので、一石二鳥です。ポイントカードで常連さんをたくさん作りましょう!

「ポイント・会員制サービス」入門―会員組織の構築と改善、成功のポイントと未来戦略