お店をオープンするまでの開店準備には、やることが盛りだくさん。そんな忙しい中であっても、ぜひやるべきことの1つが販促です。たくさんの情熱を注いでオープンしたお店でも、お客様に知ってもらわなければ何も始まりません。今回は、開店前にやっておくべき販促をご紹介します。

開店前販促のポイントは

一口に販促(販売促進)といってもさまざまな方法がありますが、ポイントは「人にお店の存在を知ってもらうこと」です。この地域に新しいお店がオープンしたことを、いかに広められるかにかかっています。

ここでは代表的な販促方法を5つご紹介します。

  1. Webサイトを作る、SNSを運用する
  2. ショップカードを作る
  3. チラシや広告はがきを作る
  4. レセプションパーティー、プレオープン
  5. プレスリリース

開店前は、店内やオペレーションの準備が忙しくなりますが、最低でもこの5つの販促は行いたいところです。

開店前の販促5選

ここからは、開店準備としてやっておきたい販促5選を解説していきます。

1.Webサイトを作る、SNSを運用する

飲食店のレビューサイトがたくさんあることからわかるように、最近はインターネットでレストランの情報を集めるのが一般的です。 お店がオープンしたにも関わらず、インターネット上にお店の情報や問い合わせ先が1つもない……というのは避けたいところ。開店前から準備をすすめるようにしましょう。

アクセスや営業時間といった店舗情報だけではなく、このお店が「どんなコンセプトなのか」「どんなこだわりがあるのか」など、お店のスタンスをお客様に直接伝えられるのが、インターネットを活用する大きなメリットの1つです。

次に紹介する方法などを活用しながら、ぜひ積極的に情報発信を行ってください。

Webサイトを作る

営業情報、メニュー、お店までのアクセス、お店のコンセプトなど、表示すべき情報が限られる小規模事業の飲食店なら、シンプルで見やすいものが好まれるでしょう。

シンプルなWebサイトを作るだけなら、無料で使えるサービスがたくさんあります。例えば、Wix やJimdo(ジンドゥー )といったものが有名です。
無料で使えるサービスを活用すれば、コストが抑えられるだけでなく、専門的な知識や技術がなくても自分好みのWebサイトを作れるというメリットもあります。

レビューサイトを利用する

Webサイトを作るのが大変だと思う人は、飲食店のレビューサイトを利用するのも手です。店の場所やメニューなどの情報を登録しておけば、Webサイトの代わりになります。レビューサイトを通じてお店を知ってもらえるチャンスが増える反面、予約時の手数料 や悪い口コミを描かれるリスクがあります。利用の際は、メリットとデメリットを考慮する必要があるでしょう。

SNSを活用する

飲食店によっては、WebサイトはないけれどSNSで定期的に情報を発信しているお店があります。もちろんWebサイトもSNSも両方運用できるのが理想ですが、人手が足りない、他の業務が忙しい、などの場合には、SNSだけに絞るという選択肢もあります。

現時点で利用者数が多く、販促に活用しやすいのは以下の3つのSNSでしょう。ぜひオープン前にアカウントを作成して、情報発信をスタートさせてください!

Twitter

Twitterはリアルタイム性に優れているので、情報発信に向いています。臨時休業やお店の混雑状況などは、お客様がタイムリーに知りたい情報です。投稿がリツイートされれば、情報が広がる可能性が高く、お客様にとっての利便性がアップします。「今夜20時から2名の予約のキャンセルがありました。来店したい方はDMください。」というように、予約のキャンセル状況をすぐに発信でき、Twitter上でやりとりができるのも便利です。

▼参考記事▼
はじめてのTwitter集客|手軽にできる使い方4選

Instagram

ビジュアルをメインにしたSNSなので、「おいしそうな画像」の訴求効果に期待ができます。飲食店では比較的Instagramに力を入れているお店が多いようです。「飯テロ」という言葉があるように、料理写真をSNSに投稿する人はかなり多くいます。来店してくれたお客様に「店名のハッシュタグをつけてインスタに投稿で一品サービス」するなど、販促とお客様へのサービスを兼ねることもできます。

▼参考記事▼
はじめてのInstagram(インスタグラム)集客|手軽にはじめられる方法4選

Facebook

Facebookには日常の投稿だけでなく、「Facebookページ 」という機能があります。お店の専用ページのようなもので、アクセスや電話番号を掲載するなど、ホームページと同じような役割を果たせます。お店のホームページを作らずに、Facebookページをメインにしている飲食店もあります。

▼参考記事▼
はじめてのFacebook集客|手軽にはじめられる方法4選

2.ショップカードを作る

ショップカードは、お店の名前を覚えてもらうための名刺です。飲食店でお会計をするときに、レジの横に置いてあるのを見たことがある人も多いでしょう。
オープン後、来店されたお客様へショップカードを手渡すためには、お店がオープンするまでに作成しておかなくては間に合いません。また、オープンの前に、近所のお店や友人知人への挨拶回りで配布するのも効果的でしょう。

ショップカードに記載する情報は、以下のようなものがメインです。

  • 店舗名
  • 住所
  • 電話番号
  • ロゴマーク
  • 写真、イメージ
  • ウェブサイトのURLやSNSのアカウント情報
  • SNS等のQRコード

情報を見たいと思った人がWebサイトのURLを直接入力するのは面倒なので、WebサイトやSNSのQRコード をショップカードにプリントしておくと便利です。デザインも業者に頼む方法もありますが、コストを抑えたいならテンプレートを使って無料でデータをダウンロードできるサービス もあります。ネット環境があればすぐに利用できます。

3.チラシや広告はがきを作る

ショップカードと同じように、開店前にはチラシや広告はがきも作っておきましょう。あらかじめ準備しておけば、いつでも販促できます。こちらも無料のテンプレートを提供しているサービス がありますので、気軽に作成できます。

チラシや広告はがきを作るポイントとして、どの情報を記載するかよりも、「どの情報を記載しないか」を考えましょう。あれもこれもと情報を追加していくと、全体としてまとまりのないレイアウトになってしまいます。文字が多すぎると読みにくくなってしまうので、アピールしたいポイントを絞りましょう。「開店セールのお知らせ」、「新店舗オープン」など、明確なメッセージを伝えることが大切です。飲食店ならメニューを羅列するのではなく、看板メニューをアピールしましょう。

そして、飲食店で重要なのは料理の写真です。美味しそう、食べてみたいと直感的に判断できる写真で人の心をキャッチしたいところです。出張でプロのカメラマンに撮影をお願いできるサービス もありますし、撮影した写真はチラシや広告はがきだけでなく、ウェブサイトにも転用できます。ここぞというときはプロに頼むのもありでしょう。

4.レセプションパーティー、プレオープンの開催

お店の開店を記念してレセプションパーティーを開催したり、営業の最終確認としてプレオープンを行ったりする飲食店があります。 レセプションやプレオープン自体がお店を知ってもらえる販促になりますので、多くの人に来てもらいましょう。

レセプションパーティーは、お店の開店を記念して関係者やお世話になった人に感謝を伝えるお披露目会です。販促の1つとして口コミが大切なので、お店の経営をサポートしてくれる人に対して告知をお願いしましょう。レセプションに来てくれる人は、実質的な最初のお客様です。来てくれたお客様が口コミで他の人に勧めたくなるようなパーティーが理想です。

プレオープンは、開店前の最後の実戦練習です。オペレーションが不慣れなのは当たり前ですが、ネガティブな口コミが広まらないようにしなければなりません。販促としては、もう一度来たいと思ってくれるリピーターを増やせるようにしましょう。プレオープン中に起こってしまったトラブルは、お客様としてもある程度は許容範囲です。実際の開店までにどれだけ修正できるかに尽力しましょう。

5.プレスリリース

メディア向けにプレスリリースを出す販促もあります。プレスリリースを作ってもどこに送ればいいのかと思うかもしれませんが、プレスリリースを専門的に配信するサービス があります。価格は1配信3万円からです。自分のお店の開店記念として、奮発して利用してみるのも良いでしょう。

販促の注意点

開店前の販促として注意したい点は、販促がうまくいきすぎて来客が集中すると、トラブルになるリスクがあることです。オペレーションが慣れていない段階で多くのお客様が来てしまうと、注文ミスや提供時間の遅れなどの問題を引き起こす可能性があります。行列ができてしまうと、それに対応するスタッフも必要になります。行列が近隣住民や他店舗からのクレームになるリスクもありますので、注意が必要です。もちろんお客様がたくさん来てくれるのは良いことですが、上手に対応できなければお店の評判を落とす可能性があることを意識しましょう。

効果的な販促でお店を知ってもらう

開店前の準備はやることが多いですが、販促にも気を配りたいところです。ウェブサイトやチラシ等は、無料で利用できるサービスがたくさんあります。コストを抑える工夫をしながら、自分のお店に必要な販促をしていきましょう。