人手不足や接客トラブルを解消し、業務効率化を図りたい!そんな飲食店経営の課題解決の1つとして考えられるのが「セルフオーダーシステム」の活用です。

さらに、コロナウイルスの影響により昨今注目されている「新しい生活様式」にもあるように、人と人の接触を極力減らすという点においても、有効ではないかと考えられます。

接客の負担を大幅に軽減できる一方で、導入にはリスクも伴います。利益率アップにつなげるためには、店舗の規模や業態などの考慮も重要。メリットとデメリットをしっかりと把握した上で、導入するかを判断しましょう。

セルフオーダーシステムとは

セルフオーダーシステムは、お客様が席にいながら自分でメニューを注文できるようにするシステムのことです。

各テーブルにメニューが登録されたタッチパネル式の専用機器やタブレット端末を設置。お客様はそれを操作して、欲しい料理やドリンクなどを選択します。最後に注文確定のボタンを押すとオーダー完了。注文内容が送信され、キッチンプリンターから印刷される仕組みです。

お会計額も端末から確定できるため、注文からお会計までスムーズに済ませることができます。

セルフオーダーシステムのメリット

セルフオーダーシステムでは、スタッフが席まで注文に伺う必要がなくなるため、次のようなメリットが期待できます。

人手不足の解消・人件費の削減

一番に挙げられるのは、人手不足の解消です。各テーブルまでオーダーを受けにいく必要がないので、ホールスタッフの人数を減らすことが可能。そのため人件費を抑えることにもつながります。

注文ミスや接客トラブルの防止

もう一つの大きな利点は、接客トラブルを防止できる点です。お客様が自らメニューを選ぶため、注文や会計の間違いや漏れといったスタッフの人為的ミスがなくなります。

また、お客様がスタッフの状況に気兼ねすることなく、好きなタイミングで注文できるのもポイント。オーダーを取りに来るのが遅いというクレームも防げるため、お客様のストレス軽減にも役立ちます。

外国語対応やメニューの更新が容易に

さらにセルフオーダーシステムには、他言語表示機能が備わっているものもあるため、英語をはじめとした外国語での接客にも役立ちます。現在は、コロナウイルスの影響で一時的に外国人観光客数が急激に落ち込んでいますが、将来的には外国人観光客の集客ツールとして、インバウンド対策にも利用できます。

またメニューブックを印刷する必要がないため、新しい料理の追加や削除、価格変更などの更新が容易になるといった利点もあります。

セルフオーダーシステムのデメリット

一方で、次のようなデメリットも考慮しなければなりません。

お客様との交流機会の減少

接客業務が軽減できるということは、お客様とのコミュニケーションが減るということでもあります。直接メニューをおすすめしたり、丁寧な対応でリピーターを獲得するといったことは難しくなるため、接客に力を入れているお店にとっては、導入がマイナスに働くこともあり得ます。

お客様のストレスになる可能性

お客様の中には機械の操作に不慣れな方もいらっしゃるので、配慮も必要です。操作が分からず注文に手間取ったり、間違えて意図しないメニューが来てしまったりすると、お客様にとっては不満になる可能性もあります。

ストレスを感じさせないよう丁寧に説明をしたり、何か質問されても答えられるようホールスタッフに操作方法をしっかり教育しておくことも重要です。

機械トラブルや故障のリスク

専用端末やタブレットが故障や不具合を起こす可能性も考慮しなければなりません。お客様が端末を乱雑に扱ったことでトラブルに発展する可能性もあるので、対応を考えておく必要があります。

セルフオーダーに向いているお店とは

これらを踏まえると、導入には店舗によって向き不向きがあることが考えられます。

導入がもっとも効果的なのは、居酒屋や焼肉店といった、一組のお客様が何度も注文する業態です。またメニューの数が多く、注文ミスの起こりやすいお店も導入に向いていると言えます。

店内のレイアウトや規模も考慮すべきポイントです。客席の数が多い店舗や大規模店で大幅な業務効率化が期待できるのはもちろんのこと、通路の狭い店舗では、スタッフの行き来による料理や食器の落下、破損といった事故を減らすことにも役立ちます。

導入判断の際には、自分の店舗が導入に向いているのかをよく考えて結論を出しましょう。

セルフオーダーシステムの選び方

いよいよシステムの導入ですが、まずは見積もりを取る必要があります。

セルフオーダーシステムは複数の会社がサービス提供を行っており、料金体系は機能や対応規模によって大きく異なります。中には導入費用が100〜200万円前後かかる分、サポート体制・故障対応といったアフターフォローが充実しているサービスなどもありますので、予算や店舗規模を踏まえて複数社から見積もりをもらいましょう。

導入に際しては、工事や環境整備が必要になる場合もあります。無線が前提のシステムなのでインターネット回線の準備や、既にPOSシステムを単体で導入している場合はシステムと連動できるかの確認も必要です。

また、端末を使用するため、テーブルごとの電源確保、もしくは端末充電作業の負担なども考慮しなければなりません。各メーカーには打ち合わせなどで事前に、運用方法についてしっかり相談しておきましょう。

セルフオーダーシステムの紹介

最後に具体的なサービスについてご紹介いたします。セルフオーダーシステムには専用端末を用意する方法と、市販のタブレットにアプリをインストールしてクラウド上で管理を行う方法があります。それぞれ店舗の規模に応じた利点があるので、よく考慮して選びましょう。

充実機能の人気システム「メニウくん」

メニウくん」は、4,000店舗130,000台以上という業界No.1の導入実績を持つ専用端末式セルフオーダーシステムです。受付やレジで店舗全体の状況を把握できる集中管理システムと連動しており、幅広い機能が搭載されています。

お客様からのスタッフ呼び出しや多言語切り替えはもちろん、音声ガイドや統計ログの集計、品切れ表示、飲み放題設定、販促サポートなどに対応。またフリーレイアウトでの自由なメニュー表示ができるため、紙のメニューのように、おすすめメニューの強調や視覚的な演出を自由に行うことも可能です。

端末ではなく置台の方にテーブル認識機能がついているため、お客様の利用中に端末が故障しても、端末を差し替えたらスムーズにデータ移行ができるという特徴もます。

24時間365日サポートで、トラブル対応も充実。チェーン店や大規模店においても、安心して運用することができます。

売上連動料金制でリスクを軽減できる「EASY ORDER」

EASY ORDER」は、売上連動性価格を採用したセルフオーダーシステム。

月額料金は店舗売上の1.5%〜3.0%で、毎月30,000円から利用が可能。タブレット端末やレシートプリンターなどの必要周辺機器も無料でレンタルすることができます。さらに初期導入費用0円なので、導入時のコストも抑えられます。

メニューは英語表示ができるほか、スタッフ呼び出しやクーポン適用などの機能にも対応。またPOSレジ機能やお客様自身のスマートフォンからログインして注文をするといった機能も備わっています。

最大2カ月お試し無料の「MAIDO SELF」

MAIDO SELF」は、売上管理システム「MAIDO SYSTEM」と組み合わせて利用するセルフオーダーシステムです。

英語、中国語、韓国語にも対応。管理ページには、既に使用しているメニューブックの画像をそのまま表示画面に取り込む機能も備わっています。

初期費用は端末代を除き、無料。月額料金は、MAIDO SYSTEM 及び MAIDO POSの利用が前提となるため、それらの基本料金1,980円+1,560円(端末2台の場合)。つまり、最低3,540円で利用することができます。さらに最大2カ月間の無料お試し期間があります(2020/7/28現在)。

自由に機能拡張ができる総合システム「Okageシリーズ」

OkageシリーズはiOS端末に対応したスマート式システムです。自社展開のPOSレジシステム『Okageレジ』と連動する機能を、必要に応じて自由に組み合わせることができます。

タブレットオーダー機能「オーダーブック」は、紙のメニューを直接取り込み、フリーレイアウトで注文画面にできるほか、15ヶ国以上の言語に対応。また、お客様のスマホ端末から注文が可能な「Okage Go 店内版」もあります。

初期費用は端末代やプリンター台などを除き、無料。月額料金はiOS端末1台につき1,000円で、最低5,000円から導入可能です。

導入判断は慎重に!

このようにセルフオーダーシステムの導入は、業務負担や人件費の軽減だけでなく、さまざまな可能性をお店にもたらしてくれます。

またそれと同時に、お店の接客スタイルにも大きな影響を及ぼします。費用対効果はもちろんのこと、経営方針に見合うかといったことも多角的に考慮し、慎重な導入判断をしましょう。

※掲載情報は2020/7/28時点