インターネット時代の集客は、ネットにあふれている口コミが重要なポイントです。口コミによる集客のメリットとデメリット、主な口コミサイトやSNSの活用法、実際の集客に結び付ける方法についてまとめてみました。口コミをうまく利用して店舗にお客様をいっそう呼び込みましょう!

集客に不可欠な口コミサイトの活用

集客に不可欠な口コミサイトを有効に活用するためには、どのような点を意識すればよいでしょうか。口コミのメリットや口コミの方法を見てみましょう。

口コミの重要性とメリット

自店にお客様を集めようという小売店にとって、口コミサイトの活用は必須のテーマです。インターネット上で口コミによるプロモーションを行うことで、次の効果が期待できます。

  • 検索やウェブサイトなどで優先表示されるようになる

    上位表示されることで、店舗のサイトが多くの人の目にとまりやすくなります。飲食店・美容室・サロンなどでは、雰囲気やメニュー、自店のアピールポイントを多くの見込み顧客に知ってもらうことができます。体験談やおすすめコメントは自店に対する安心感を与え、来店する意欲を湧かせることができますので、ポジティブな口コミを多く集めることは重要です。

  • リピーターを獲得できる

    口コミ集客による来店者は、店舗の雰囲気や良さをすでに理解しています。そして実際に店を訪れたときに、店舗の良さをあらためて意識、納得してもらえることが多いため、口コミによるお客様はリピーターになりやすい傾向があります。また、「口コミをする」という行為は、お客様にとって店舗の良さを再認識するきっかけともなり、顧客ロイヤルティを高める効果が期待できます。

口コミの集め方と活用法

では、どのような方法で口コミを集め、活用したらいいでしょうか。

  • SNSへの投稿

    まず、お客様にSNSに投稿してもらう方法があります。Facebook・Instagram・TwitterなどのSNSで、店舗の書き込みや情報に対して「いいね!」を押してもらったり、お客様のアカウントで来店体験を投稿してもらったりします。投稿にお店のハッシュタグをつけてもらうと効果的ですが、お店自身もアカウントを取得してフォローしてもらったり、店舗内のテーブルにアカウントやお店のホームページのQRコードなどをプリントしたPOPなどを用意したりするといいでしょう。フォローやリツイートをしてくれたお客様に、特別割引メニューなどを用意している店舗もあります。お店に合わせて工夫してみましょう。

  • 口コミ・レビューサイトに口コミを書いてもらう

    主な口コミ・レビューサイトには以下のようなものがあります。
    飲食系では「食べログ」「ぐるなび」「HOT PEPPER グルメ」「Retty」、美容院系では「HOT PEPPER ビューティー」「楽天ビューティ」等々。これらのサイトの口コミ欄にレビューを書いてもらうことを常連・既存客中心に奨励しましょう。

口コミのデメリットと対策

口コミにもデメリットがあります。その対策について考えてみましょう。

悪い口コミを書かれる可能性がある!

口コミによる集客戦略にも気を付けるべき点があります。いつも良いことばかり書いてもらえるとは限らないということ。つまり、悪い口コミを書かれる可能性があるということを認識しておく必要があります。
どんなに注意して接客に当たっても、すべての人に満足してもらうサービスを展開することは不可能に近いでしょう。たくさんの口コミを集めるようなお店になれば、当然悪い口コミも一定の比率で書き込まれるようになります。

悪い口コミに対する対処はどうしたらいい?

悪い口コミをいくつかもらったからといって、必要以上にその影響を恐れることはありません。もちろん、口コミ集客をやめる必要もありません。むしろ積極的に口コミを集める活動を継続していくべきでしょう。全体の口コミ数が少ない場合には悪い口コミが目立ちますが、良い口コミがたくさん書き込まれてくれば、少数の悪い口コミは目立たなくなるからです。
そして、実際に悪い口コミを書かれてしまったときの対応も重要です。悪い口コミは無視するのではなく、口コミを書き込んだお客様としっかりと向き合い、「誠意のある返信」をするようにしてください。お店の対応に非があったのであれば、非を認めてしっかり謝罪することが大切です。たとえコミュニケーションのきっかけが悪い評価であっても、信頼を失わないように誠意のある対応をすれば、評価をプラスに転じさせることも可能になります。悪い口コミを恐れずに口コミを積極的に集めていくようにしましょう。

MEO対策ツール「BIGLOBE店舗マップ管理」で効果的な口コミ管理!

現在いる場所の近くで、探している条件に合ったお店を検索して探すことは「ローカル検索」と呼ばれ、インターネットでのお店探しの定番検索方法になってきました。ローカル検索をしたときにできるだけ上位に表示させる施策はMEO(Map Engine Optimization)と呼ばれ、集客や売り上げアップのために欠かすことのできない手法として注目されています。
お客様のニーズを取り込むためには、自店の含まれているカテゴリーの店を探しているお客様が、よく閲覧する地図サービスでMEO対策を立てる必要があります。また、MEOを効果的にするためには、口コミサイトやSNS等を通じて、定期的に情報を発信していくことも有効です。しかし、口コミへの対応を含めて、さまざまな地図サービスへの対応や情報更新、各種SNSでの情報発信、といった各種業務を自店で個別に管理していくのは難しいこともあります。

「BIGLOBE店舗マップ管理」は、Google マップはもちろん、Facebook、Baidu Map(百度)、Instagram、Twitterなど20以上の地図・SNSに対応、一元管理ができます。複数の地図・SNSの口コミの一覧表示により管理が簡単なので、管理負担を軽減することができます。中国人観光客がよく利用するBaidu Mapにも対応しており、インバウンド対策にも活用可能です。また、集客に影響力のある口コミでは、複数の地図・SNSの口コミをまとめて表示できる機能を装備しており、返信しやすい工夫をしています。
低評価が付いた場合にメールで知らせてもらうこともでき、改善に向けて迅速な対応を可能にします。

複数の口コミサイトを効果的に管理することがお店の集客を決する

口コミによる集客対策は、インターネット時代においては不可欠の戦略です。お店に対する良い口コミを集めることは、お店の評価を上げ、信頼性を高めるとともに、良質のリピーター顧客を獲得することにもつながります。SNSや口コミ・レビューサイトを活用して、お店への注目度をアップし、信頼感を醸成しましょう。ときには悪い口コミを獲得してしまうこともありますが、正しく対応することでマイナスの評価もプラスに変えていくことができます。これらの口コミサイトの管理には、「BIGLOBE店舗マップ管理」を活用すると、地図情報と口コミ管理を同時に行うことができて有益です。多忙な店舗経営者の強い味方になるでしょう。

※QRコードはデンソーウェーブの登録商標です。
※掲載情報は2020/2/12時点

口コミサイトを一括管理!「BIGLOBE店舗マップ管理」

 

インターネット上の悪質な書き込みや風評被害は専門家に相談しよう!